体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原田知世、デビュー35周年記念ツアー千秋楽公演でサプライズ

原田知世が京都・山形・福岡・広島の計5公演からなる『原田知世 35周年アニバーサリー・ツアー “音楽と私“ 2017』の千秋楽公演を、11月28日(火)にBunkamuraオーチャードホールにて開催した。
11月28日(火)@Bunkamuraオーチャードホール  (c)和田直美 (okmusic UP's)

今年7月にリリースしたキャリア初のセルフ・カヴァー・アルバム『音楽と私』がロング・ヒット中の原田知世。この日の2,000枚のチケットは発売と同時にソールドアウト。厳かなピアノの調べが流れる場内は、開演前から静かな熱気に包まれていた。

定刻から5分を過ぎたころ、場内が暗転し、おもむろにステージの紗幕に映像が映しだされた。それは1983年公開の原田の初主演映画であり、現在も熱狂的なファンを持つ映画『時をかける少女』の冒頭のシーンだった。

まだ幼さも残る原田の姿にオーディエンスの視線がそそがれる中、映像が終わり紗幕が上がり始めると同時にバンドが『音楽と私』に収録された最新ヴァージョンの「時をかける少女」を演奏。そしてステージ中央に白いドレスを身にまとった原田知世の姿が現れると、観客から大きな拍手が起こった。それはまるで、映画からタイムスリップして現れたような錯覚を与える、絶妙な演出だった。

「時をかける少女」に続けて、「うたかたの恋」「ロマンス」「愛のロケット」など洋楽カヴァー・アルバム『恋愛小説』からの2曲に続けて、『音楽と私』から3曲を披露。MCでは、「今年は、応援してくださってるファンのみなさんにたくさんお返しをできたらと思いながら過ごしてきました。初のセルフ・カヴァー・アルバム『音楽と私』のレコーディングから始まって、プロモーションでは歌番組にもいろいろ出演させていただきました。実は、スタッフの方達が、35周年を迎えるにあたり一番先に準備をしたのが、このオーチャードホールの会場予約でした。とても素晴らしいホールなので、35周年をやるならここで、と。そして日程も、誕生日である11月28日にしましょうとなりました。あれはたしか2年前のこと。ようやくこの日が迎えられて、とても嬉しい気持でいっぱいです」と語った。

第2部は再び懐かしい映画『時をかける少女』公開時の舞台挨拶の模様からスタート。光沢のある緑のドレスに着替た原田はギターのみをバックにデビューから2枚目のシングル「ときめきのアクシデント」を歌い始める。第1部と同様、過去と現在の原田知世がリンクする、まさに“時をかけた”演出だった。

続けて、映画撮影時に訪れたニューカレドニア島で出会った美しい風景の思い出を語り、その映画主題歌「天国にいちばん近い島」を、アルバム同様ピアノを中心にしつつも、後半でストリングスやリズムが加わる特別アレンジで披露。聴き手にそっと寄り添う情感をたたえた歌声で、本公演のハイライトと呼べる感動的なパフォーマンスだった。

コンサートの終盤には、『恋愛小説2〜若葉の頃』収録のキャンディーズ「年下の男の子」を、振り付きで披露したり、アイルランド音楽グループのtricolorを迎えて「空と糸 -talking on air-」を歌ったりと、趣向を凝らした内容で場内は大いに盛り上がった。そして本編ラストは、原田のギター弾き語りから始まる「くちなしの丘」。『音楽と私』のレコーディングにあたって練習したというギターは、自身の歌声さながらの柔らかな音を響かせて会場を包み込んだ。

アンコールは、アルバム『noon moon』から「Double Rainbow」。その後原田のMCを受けて次の「September」を演奏するかと思いきや、バンドは「ハッピー・バースデー」を演奏。会場全体もこの日誕生日を迎えた原田を大歓声で祝福した。

続けて、バックスクリーンにはデビュー時の原田の恩人である映画監督の大林宣彦と角川春樹からのメッセージ映像が流れた。そのあとメンバー全員から花束をプレゼントされた原田は「歳を重ねるということは、若いときの一瞬のきらめきみたいなものはもちろん無くなっていきますけれども、昔持っていなかったものを今はたくさん持っているような気がして、去年よりやっぱり今年の方が幸せですし、これからも歳を重ねることを楽しみながら前に進んで行きたいと思っています。どうぞ皆さんこれからも一緒に歩んできください」と語った。

「September」を歌い終わってメンバーとステージを去った後も、観客の拍手は鳴り止まない。すると、原田と伊藤ゴローが登場。スクリーンに映画『時をかける少女』のタイトルバックが流れると、同曲をボサノヴァ・ヴァージョンで再び披露し、ステージを締めくくった。心にしみるパフォーマンスに、客席からは惜しみない拍手が送られた。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会