ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヘイ、ジムビーム!?声に反応してウイスキーを注ぐスマートデカンタが登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Amazon Echo やGoogle Homeなどの家庭用音声アシスタントが徐々に普及し始め、来年には日本の一般家庭にも本格的に普及しそうな気配がある。

その流れに乗ってか、アメリカの老舗バーボンメーカー「ジムビーム」が声に反応するスマートデカンタを開発した。

ジムビームとは?

ジムビームは200年以上に渡り、アメリカのケンタッキー州でバーボンを製造している老舗企業。

2014年に日本のサントリーホールディングスに160億ドル(当時のレートで約1兆6500億円)で買収され、社名を「ビーム サントリー」に変更している。

本国アメリカでは去年、Appleウオッチのパロディ商品「Jim Beam® Apple Watch」という腕時計型のユニークなグッズを発売しており、今回のスマートデカンタも、世の中のハイテクグッズの販売の波に乗って開発したようだ。

・マスターブレンダーが声を担当

このスマートデカンタ、今話題の家庭用音声アシスタントと違い、住生活を便利にしてくれるものではなく、呼びかけるとジムビームを注いでくれるだけというシンプルなもの。

機能は絞られているものの、”声優”は同社のマスターブレンダー フレッド・ノウ氏が担当しており、美声を披露している。細かいところではあるが、これはファンには嬉しいこだわりと言えるだろう。

・6か月後はただのデカンタに?

アメリカのジムビームのサイトではこのスマートデカンタは34.90ドル(約3900円)でプレオーダー中だったが、現在は注文ができなくなっている。サイトを見る限り、再販売の予定はあるようで、国外への発送もできるようだ。

3G回線と接続して使える機能が付いているが、アップデートなどは行われず、6か月後には普通のデカンタに戻ってしまうとのこと。

値段も高くはないので、ジムビームが好きな人であれば記念に1台持っておいてもいいかもしれない。

JIM BEAM STORE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。