体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手の動きと連動するARグラス「MAD Gaze」

普段見慣れている景色に、タブレットの画面のようなアプリ選択項目が浮かび上がる。

こうしたことは近年のAR技術により可能となりつつある。そしてそれは、我々巷の人間にとっても徐々に身近なものとなっているようだ。

ここでご紹介する「MAD Gaze」は、本格的なAR時代の到来を匂わせるような製品である。

・手で空間に触れる

香港所在の「Dragon Creative」がこの度発表したのは、サングラス型のスマートデバイスだ。

MAD Gazeのコンセプトは一目瞭然、生活空間そのものをタブレットの液晶画面のようにしてしまおうというものだ。それには使用者の手の動きを読み取る必要がある。アイコンをタップする動作、スワイプする動作、それらを可能にするには、製品が手を動きを認識しなければならない。

もちろん、MAD Gazeはその機能の搭載を前提に設計されている。このハンドジェスチャー操作は、今年12月に実装予定とのこと。

またそれとは別に、本体右側面のフレーム部分にタッチ式コントロールパネル、音声操作、そして付属品として専用キーボードが用意されている。

MAD Gazeの映像は、3mの距離から90インチサイズの画面を見るのと同等のスケールだ。バッテリー寿命は連続使用時最大5時間。もちろんスマートフォンとのWi-Fi連携で、電話としての使用もできる。

・ゲームタイトルも用意

このMAD Gazeを使ってプレイするためのゲームも用意されているようで、クラウドファンディング「Kickstarter」でのキャンペーンページには新作ゲームのPR動画も貼られている。こちらも要チェックだ。

投資枠は、製品配送が約束されているものは649豪ドル(約5万5000円)から。配送時期は来年4月を予定している。また、他にも39豪ドル(約3300円)の出資でオリジナルTシャツがもらえる。

普及が期待される製品だ。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会