ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【洗い物が超ラク】安くて簡単!フライパンひとつでできる、きのこたっぷり「ワンパンパスタ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:yuu514:20171128133832j:plain

こんにちは、料理研究家のYuuです。

寒さが増して、きのこが美味しい季節。この時期はスーパーでもお安く売られていますし、炊き込みご飯や炒め物、鍋など大活躍ですよね。そこで今週は、きのこをたっぷり使った「和風煮込みパスタ」をご紹介いたします。

パスタは簡単、とはいえわずらわしい洗い物はとことん減らしたいので、麺の別ゆでは不要! フライパン1つでソースも完成する「ワンパンパスタ」にするのがとっても楽チンです。フライパンできのことウインナーを炒めたら、あとは煮汁とパスタを加えて10分ほど煮るだけ。パスタは煮ながら戻していくので、きのこのうま味がしみしみに仕上がりますよ。

Yuuの「きのこたっぷり和風パスタ」

【材料】(1~2人分)

パスタ(今回はゆで時間7分のものを使用) 1束(100g) お好きなきのこ(今回は、しめじ・エリンギ・しいたけ) 計100gくらい ウインナー 2~3本

(A) オリーブオイル 大さじ1 輪切り唐辛子 小さじ1~ にんにくチューブ 1~2cm

(B) 水 1カップ(200cc) しょうゆ 大さじ1/2 塩 小さじ1/2

(C) オリーブオイル 大さじ1/2 塩、こしょう 少々

(用意するもの) フライパン 1枚

作り方

f:id:yuu514:20171128133841j:plain

1. きのこは、それぞれ食べやすい大きさにほぐしたり薄切りにしたりする。(今回の場合、しめじは石づきを取ってほぐし、エリンギは薄切りに、しいたけはスライスに)ウインナーは、斜め薄切りにする。

f:id:yuu514:20171128133845j:plain

2. フライパンに(A)を熱し、きのこ類を炒める。きのこ類に火が通ったら、ウインナーを加えてサッと炒める。

f:id:yuu514:20171128133849j:plain

3. パスタを半分に折って入れ、上に具をかぶせる。(B)を加え、ふたをして中弱火で袋の表示より2~3分長く煮込む。

f:id:yuu514:20171128133853j:plain

4. ふたを取って強火にし、水分をとばす。(C)を加えて味をととのえたら出来上がり。

いろいろなきのこを組み合わせると味に深みが!

f:id:yuu514:20171128133836j:plain

とっても簡単で調味料もシンプルですが、うま味はたっぷり! しかも具材が多いので、パスタ1束を2人でシェアする形でも、十分おなかがいっぱいになりますよ~。きのこはお好きなもの1種類だけでも作れるのですが、いろいろ組み合わせた方が味に深みが出るのでオススメです。

私は、パスタといったらフライパンひとつでできるこの煮込み系のパスタばっかり作ってしまいます(笑)。味がしっかり染みる上、洗いものも減るし、作っている間コンロを占領されないのも気に入っています。

作った人:Yuu

Yuu*

福岡市在住。彼と愛犬チワワとの2人+2匹暮らし。2015年1月に開設したブログは瞬く間に人気となり、多くの女性達の支持を集める。無理なく続けられ、かつ身近な食材や調味料を使った作り置き&スピードおかずをはじめ、彼の胃袋を離さない男子が好きそうなレシピを日々考案。 ブログ:作り置き&スピードおかず de おうちバル ~yuu’s stylish bar~ Facebook:@kitchen0514 レシピブログ: Yuuさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年11月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

伊勢エビよりも美味?珍食材ウチワエビを使った海鮮ちゃんぽんがうますぎる【福岡】
日本のミリメシってどんなの?やっぱり無骨&栄養満点なの?「自衛隊のごはん」シリーズ著者に聞いてみた
コスパ最強!「切り干し大根」で作るサラダがタダゴトではない

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。