ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Googleレンズの機能が拡充、Googleアシスタントへの画像保存、翻訳、Google Keepへのインポートに対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
海外の Pixel ユーザーたちに先行プレビュー提供中の Google アシスタントの Google レンズにおいて、本日より 3 つの新しい機能が利用できるようになりました。新たに有効となった機能は昨日の記事でお伝えしたものです。Google レンズはカメラに映る名刺やポスター、屋外看板など、様々なところに書かれた文字を理解しますが、新たに画面に表示されるアイテムを画像として保存することにも対応しました。。Google アシスタントのファインダーに映るアイテムを保存するように指示すると、後からその時に保存したテキストや位置情報と一緒に写した画像までも Google アシスタントに表示させることができます。別の翻訳機能を利用すると、Google レンズに映る被写体のテキストを、タップまたは「翻訳して」と指示するだけでファインダー上のに翻訳結果が合成されるようになりました。Google Keep へのインポート機能は強化され、従来は共有メニューからしか操作できなかった Google Keep への保存作業がを Google レンズに直接表示されるツールチップのアイコンをタップするだけでも行えるようになりました。これらの新機能は Google アプリ v7.17 以上を搭載しているユーザーに対して段階的に提供されています。Source : 9to5Google

■関連記事
ヤマハ「mysoundプレイヤー」でウクレレ譜の作成が可能に
Huawei、AppleのFace IDよりも10倍精度の良い顔認証機能を披露
Essential Phoneのカメラアプリがポートレートモードに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。