体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三人称視点で生活したらどうなるのかドローンで実験してみた

ヒィッ!!何!!??

 

こんにちは、マンスーンです。

ヘッドマウントディスプレイを着けて銃を構えているのには訳がありまして、家でテレビゲームをしていた時にとあることを思ったからなんです。

 

 

わたしたち人間は自分の目で世界を捉えていますが(一人称視点)、ゲームだと自分のプレイするキャラクターが画面に映っていることがあります。

 

 

俗に言う三人称視点というやつです。

自分ではない第三者が、自分を見ているという構図ですね。

ゲームではよくある表現なのですが、もし現実世界で三人称視点を再現して生活したらいったいどうなるのでしょうか?

 

そこで…

 

 

カメラが付いているドローンを使って三人称視点を再現してみようと思います!!!

自分を客観視できるし、視野も広がるから生活しやすくなるはずです。

 

 

といっても僕はドローンを持っていないし操縦もできないので、詳しい方にお願いすべく千葉県八千代市にある『DRONE★VILLAGE』にやってきました。

 

 

『DRONE★VILLAGE』は屋外・室内練習場を備えたドローンの複合施設です。

ドローンの販売からパイロット養成スクール、イベントの開催まで様々な事業を展開しています。

 

 

今回実験に協力してくれたのはJUIDA認定講師・DJIインストラクターの古舘さんです。

 

三人称視点で生活したらどうなるのかドローンで実験してみた

「今日はよろしくお願いします。三人称視点を体験したいんです!どうか!!どうか一度だけでも!!!一生のお願いです!!」

三人称視点で生活したらどうなるのかドローンで実験してみた

「そんなに体験したい意味がわかりませんが何とかしてみます」

1 2 3 4 5 6 7次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。