体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桑田佳祐、ベストMV集に収録の「悲しい気持ち (JUST A MANIN LOVE)」の新MVが完成

桑田佳祐のソロ30周年を記念して2018年1月3日にリリースされるベスト・ミュージックビデオ集『MVP』。本作に収録予定のソロデビュー曲でありながら、当時ミュージックビデオが制作れていなかった「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」の新ミュージックビデオが完成した。
「悲しい気持ち  (JUST A MAN IN LOVE)」MVキャプチャ (okmusic UP's)

1987年10月6日にリリースされ、桑田佳祐ソロの代表曲としてライブでの圧倒的な盛り上がりはもちろん、30年間多くの人の人生に寄り添い今なお人気を博している楽曲「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」。今回『MVP』のリリースをきっかけに新たにミュージックビデオが作られ、1988年に開催した作品化されていないソロ初ライブ『真夏の夜の夢-1988大復活祭』や、1994年にリリースされたシングル「月」のジャケット撮影時のメイキング、アルバム『孤独の太陽』のアーティスト写真撮影時のメイキングなど、初だしのものを含む30年分の貴重な映像から、2017年7月に開催された桑田初のBillboard Tokyoでのライブ、8月に出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL2017』、そして現在進行形で敢行中の全国アリーナ&5大ドームツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』で「悲しい気持ち (JUSIT A MAN IN LOVE)」を歌唱している模様の映像まで、桑田佳祐が歩んできた30年のすべてを4分21秒に凝縮したミュージックビデオとなっているとのこと。

ライブで披露されると必ず会場全体で大合唱が起きるこの楽曲は、まさにファンと作り上げてきた1曲であり、今回のミュージックビデオではソロデビュー当時から今日に至るまでのその模様を見て取ることができる。30年間応援してくれた全てのファンがいたからこそ完成したといえる内容だ。映像の中では桑田佳祐からの感謝の想いも込められており、30年分の軌跡と、ファンと共に絶えず進化を続けている桑田佳祐の“現在(いま)”が1つの映像になっている本作は必見だ。

本編30曲に加え、初回限定盤にはKUWATA BANDの楽曲が3曲追加収録されるということでも注目を集めている『MVP』。新たに制作された「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」はWEB上でのアップは予定されていないという。作品を手にとった方への桑田佳祐からのプレゼントとしてぜひ楽しみにしていてほしい。
Blu-ray&DVD『MVP』
2018年1月3日(水)発売

【Blu-ray 初回限定盤】

VIXL-900/¥5,800+税

※初回限定盤はプレミアムパッケージ仕様

【Blu-ray 通常盤】

VIXL-901/¥5,800+税

【DVD 初回限定盤】

VIBL-1400~1401/¥5,800+税

※初回限定盤はプレミアムパッケージ仕様

【DVD 通常盤】

VIBL-1402~1403/¥5,800+税

<収録内容>

1.悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE) [1987]  

2.SHE’S A BIG TEASER [1988] 

3.真夜中のダンディー [1993]

4.月 [1994]

5.祭りのあと [1994]

6.波乗りジョニー [2001]

7.白い恋人達 [2001]

8.東京 [2002]

9.ROCK AND ROLL HERO [2002]

10.素敵な未来を見て欲しい [2002]

11.明日晴れるかな [2007] 

12.風の詩を聴かせて [2007]

13.ダーリン [2007]

14.君にサヨナラを [2009]  

15.本当は怖い愛とロマンス [2010]

16.銀河の星屑 [2011]

17.それ行けベイビー!! [2011]

18.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト) [2011]

19.明日へのマーチ  [2011]  

20.Let’s try again 〜kuwata keisuke ver.〜 [2011]

21.幸せのラストダンス [2012]

22.100万年の幸せ!! [2012]

23.愛しい人へ捧ぐ歌 [2012]

24.Yin Yang(イヤン) [2013]

25.涙をぶっとばせ!! [2013]  

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。