体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひとり旅初心者女子にオススメする、1カ国目に選びたい国BEST3

ひとり旅初心者女子にオススメする、1カ国目に選びたい国BEST3

こんにちは。世界中を旅しながら仕事をしているフリーライターの、古性のち(@nocci_84)です。みなさんは、初海外の記念すべき1カ国目は、どこでしたか? またそれは、どのように決めましたか?

今でこそいろんな国を飛びまわって仕事をしていますが、1年前の今頃までわたしはほぼ1度も海外に行ったことがありませんでした。語学留学をキッカケに、はじめて降り立った異国の地「フィリピン」では、怖すぎて空港から出ることができず、入国カードを握りしめてふるえていたことを、昨日のことのように鮮明に思い出します。

今回は「海外に行ってみたいけれど、いちばん初めの国はどこにしよう・・・?」と迷っているひとり旅初心者の背中を押すべく、これまでわたしが旅をしてきた国の中から「ここが1カ国だったら更にハッピーだったかもしれない!」と思う国を3つあげてみました。

ひとり旅にでる際の、何か参考にしていただけたら嬉しいです。(最後に、イベントの告知もあります!)

 

旅をしてきて実際に感じた「旅しやすい国」の条件

その1:交通機関のルールがわかりやすい

物価よりも、優先度が上になるのが交通ルールのわかりやすさ。はじめてのひとり旅で、その国特有の乗り物に乗るのはかなり勇気がいる行為です。なので、乗り場・切符の買い方・路線図など、わかりやすく表示されている国は非常に旅がスムーズにはじまりました。ちなみに個人的にはとってもむずかしかったのが、オーストリアやフィンランドで頻繁に乗った、路面電車の「トラム」でした。

 

その2:日本よりも物価が安い・または一緒

これも「旅のしやすさ」に直結してくるもの。物価です。ひとり旅に慣れていないと、想定外の失敗はたくさんおきるもの。その中で、物価も高く・・・となってしまうと、やり直しをするのに躊躇してしまったり、せっかくの旅を伸び伸び楽しむことができなくなってしまいます。旅の中盤で物価の高い国に足を運ぶのもありですが、最初の1カ国目は、何かあったときにやり直しがしやすい、物価の安い国がオススメです。

 

その3:町全体がコンパクトにまとまっている

宿・買い物・食事・カフェができるスポットが1箇所に固まっているエリアは、初心者でも気楽に町歩きをたのしむことができます。旅の途中で何か忘れ物に気づいた時や、シャンプーや洗顔フォームなど、生活必需品も手にはいりやすい。

 

わたしが選ぶ旅しやすい国BEST3

それらの条件を受けて、わたしのオススメをご紹介します。

1位:タイ・バンコク

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。