体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazon、FireTVでSilkブラウザを利用可能に

米 Amazon が FireTV シリーズに、自社開発の WEB ブラウザ「Silk Browser」を導入しました。これでリビングルームの大画面テレビでネットサーフィン(死語?)を楽しむことができますSilk は Fire タブレットには古くから導入されており、WEB ページを閲覧する時に使用します。同じようなことが FireTV を接続したテレビでも行えるようになっただけではなく、Amazon のクラウドサービスを利用したり、Fire タブレットのブックマークをテレビで閲覧するなどの連携機能もあります。また、ペアレンタルコントロール機能を使えば、子供の FireTV に学齢別のアクセス制限を設定することができます。しかし Silk で画像やファイルをダウンロードすることは許可されていないので、アプリストアには無い Android アプリをダウンロードして手動インストールすることはできません。サポートデバイスで Silk を起動すると、Bing がデフォルトの検索エンジンとして表示されます。検索エンジンの変更は可能なので、いつも使っている Google を表示させることも可能です。Silk を閉じると最後に閲覧した WEB ページが記録され、次回開くとそのページが表示される仕組みです。また設定メニューで文字サイズやスクロール速度を変更したり、セーフブラウジングを有効にすることもできます。Silk のサポートデバイスは、第 1 世代と第 2 世代の FireTV および第 2 世代の FireTV Stick となっています。Source : AFTV News

■関連記事
日本通信、ソフトバンク系MVNOサービスで毎月の上限データ量を15GBに引き上げ、さらに上限を自分で決められる機能も追加
Google、Bluetooth補聴器のためにAndroidでG.722コーデックのサポートを実装
Xiaomi、Redmi 5とRedmi 5 Plusを12月7日に発表へ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。