体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NY Issue : Interview with Meguru Yamaguchi

NeoL_MEGURU_PORTRAIT_BW_02  | Photography : Diego Garcia

NY在住の日本人アーティストの中は数多くいるが、いま一際注目を集めているのが山口歴である。東洋と西洋双方の文化から影響を受け、グラフィティやカフィオグラフィを昇華させた独自の筆致をアクリル、樹脂、スプレーなどを用いて表現。ストリートとファインアートをも自在に行き来しているかのように見える山口に、過去、現在、未来を聞いた。

――まず画家を志した動機とNYに移るまでの過程を教えてください。なんでも鳥山明先生がお好きだったそうですが。

山口「そうなんです。鳥山明先生は未だに大好きなんですが、一生敵わないじゃないですか。だから漫画家はやめようと。親父がファッションデザイナーだったんですけどその生活を見ていても大変そうだし、ファッションも違うな。だったら絵しかない。これだったら自分の良さも出しつつ、やりたいこともできながら楽しくおもしろいことをできるかなと思って画家を目指しました。絵は小さい頃から好きだったけど、色々遊んでいた時期もあったので、本気で始めたのは高校卒業してからです。美大受験のためにデッサンも油絵もめちゃくちゃ頑張って基礎固めしたんですが、受験に失敗してしまって。でも、そこで客観的に考えることができないんですよ。日本でアーティストになるというとまず美大芸大に行かなくてはいけないというマインドセットがある。でも実際苦労して入って卒業してもアーティストになっている人は稀有で、よほど有名な奈良美智さんクラスの人しかいない。そういう現実を見て、既存のルートに乗らずとも画家として生きていける方法がないかと。そんな時にMATZU(松山智一/画家)さんとたまたま会う機会があり、東京での展示のアシスタントをすることになって。いろいろ話を聞いてみるとNYは日本と違って自由らしいと。それで23歳くらいのときに勢いで来てしまいました。逆に23歳くらいだったから来れたのかな」

――NYと日本で一番大きく違うと感じた点は? 先ほどおっしゃっていた芸大を出ていなくても、というところでしょうか。

山口「それが知れば知るほど、意外と学歴が重視される社会で(笑)。NYのダイチプロジェクトでの展示で見て衝撃を受けたクリスティン・ベイカーもイェール大学を出ていたり、感覚的な印象を受ける人たちのほうが一流大学出ていて。だからこそ自由にできている気もしますし、逆にNYのほうが学歴社会なんだなというのは来てから感じました。ただここ5~6年でソーシャルメディアによって一変しましたよね。自分で発信できてしまうので、国境や学歴が関係なくなってきている。どこをベースにしているかという意味での場所は重要だとは思いますが、どの国にいようと優れたアーティストはSNSですぐにピックアップされるし、死んでから評価されるというパターンは現代ではあまりない。NYのアートシーンもここ数年で中堅ギャラリーが軒並みクローズしていますし、大手ギャラリーとの格差が顕著になってきていると思います。ミレニアル世代のアーティストはSNSで発信できてそこで売買して完結してしまったり、ブルックリンにも若いアーティストが自分たちで経営するギャラリーも増えました。以前名和晃平さんにお会いしたときに『これからは個人がメディアになる時代だからね』とおっしゃっていて、どういう意味なのかなとずっと考えていたんですが、こういうことだったのかなと。しかしながら大部分のアーティストの目標は未だにDavid ZwinerやMary booneのような大手ギャラリーで展示することだと思うんですよ。スタートアップのギャラリーが増え、中堅ギャラリーがクローズして、大手だけが残って行くなかで、架け橋の無くなった若手がどうやってそのシーンに切り込んで行くかが課題だと思っています」

――一方でベースとなる場所が大切という意味もわかります。日本では海外にいるアーティストへのリスペクトが高い気がします。逆輸入で名前が売れるアーティストが多かったり。

山口「僕もNYにいるからこうして活動できているという面は否定できないです(笑)。僕を含めて日本人はNYに対する憧れが大きいので、ブルックリン発というと聞こえが良かったり。聞こえがいいというレベルの情報で、条件が変わるんですよね」

――いま、歴さんはファインアートとして見られていますよね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。