体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

149万票によるランキングが発表!温泉総選挙2017、各部門の1位は?

うる肌油谷湾

先日、「温泉総選挙2017」の結果が発表されました!

投票期間(7月1日~10月31日)での総投票数は149万票!!

うる肌、絶景など9つの部門ごと温泉地ランキングが発表されているので、目的に合わせて旅先を決めるのも楽しいですね♪

今回は部門ごとのランキングをご紹介します。ぜひこの冬の旅行先の参考にしてくださいね。

温泉総選挙とは?

環境省・観光庁・内閣府・経済産業省の後援による、温泉地の活性化推進を目的とした、全国民参加型の地域活性化プロジェクト。公式サイトやパートナーサイト、公式イベントなどで、お気に入りの温泉地への投票を実施。

気になる!部門別ランキングを発表!!

【リフレッシュ部門】【ファミリー部門】南紀白浜温泉(和歌山県白浜町)

2部門で1位を獲得したのは、和歌山県白浜町にある「南紀白浜温泉」!日本三古湯の1つに数えられる、1350年余りの歴史を持つ由緒ある温泉地です。湯量が豊富な白浜温泉には外湯めぐりできる施設が6軒もあるので、パンフレット片手に街を散策してみるのも楽しいですね♪波打ち際で入れるお風呂もあり、景色もばっちり!近くにはアドベンチャーワールドもあり、家族旅行にもおすすめです。南紀白浜温泉海を眺めながら入る温泉は最高ですね

【リフレッシュ部門】 2位以下のランキングはこちら

2位:妙高高原温泉郷(新潟県妙高市)

3位:五頭温泉郷(新潟県阿賀野市)

4位:みなかみ18湯(群馬県みなかみ町)

5位:いわき湯本温泉(福島県いわき市)

【ファミリー部門】 2位以下のランキングはこちら

2位:五頭温泉郷(新潟県阿賀野市)

3位:塩原温泉・板室温泉(栃木県那須塩原市)

4位:伊香保温泉(群馬県渋川市)

5位:川根温泉(静岡県島田市)

【うる肌部門】油谷湾温泉(山口県長門市)

アルカリ性単純温泉で、Phはなんと9.6!とろとろの美肌の湯が楽しめるこちらの温泉。泉質もさることながら、景観の良さも自慢!高台に位置するこの温泉地から臨む油谷湾からは朝と夕で表情を変える心癒される景色を一望することができます。また、近くには「日本の美しい場所31選」にも選出された【元乃隅稲荷神社】や「日本の棚田百選」の【東後畑棚田】もあり、観光も楽しめます。うる肌油谷湾乾燥する冬には特に嬉しい、とろとろの美肌の湯

2位以下のランキングはこちら

2位:湯原温泉郷(岡山県真庭市)

3位:秋川渓谷瀬音の湯(東京都あきる野市)

4位:嬉野温泉(佐賀県嬉野市)

5位:鳴子温泉郷(宮城県大崎市)

【スポーツ・レジャー部門】湯原温泉郷(岡山県真庭市)

全国露天風呂番付の西の横綱にランク付けされている混浴露天風呂「砂湯」をはじめ、さまざまな温泉地が点在しているのが特徴です。人間ドッグと温泉旅館宿泊がセットになった「湯けむりドック」は一度受けてみたい!また、2016年に3回目の開催を迎えたトライアスロン大会には450名もの選手が参加するなど、スポーツにも力を入れています。湯原温泉無料で入れる砂湯。混浴でも女性が安心して入れるようにと湯浴み着のレンタルもあり(有料)
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。