ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Googleアシスタント用アプリ「作業トリガー」はユーザーを音声でアシストするお役立ちアプリ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

音声アシスタントアプリ #作業トリガー を公開しました。
「始めるまでがキツい」という人に、細かく指示を出してくれます。
Googleアシスタントに「作業トリガーにつないで」で起動。
GoogleHomeと、iOS / Android にも対応してます。
⚠サーバーのアクセス制限で繋がらないことがあります。 pic.twitter.com/cGQRPV30aI— 塗田一帆 (@nulltypo) 2017年11月27日

やらなければならないことは分かっていても中々始められない時ってよくありますよね。そこで Google の音声アシスタントサービス「Google アシスタント」のために開発されたアプリ「作業トリガー」を使ってみてはいかがでしょうか。「作業トリガー」は音声でユーザーをアシストするまさに音声アシスタントアプリで、ユーザーは Google Homem の中の人が指示する通りに作業を実践するだけ。指示の通りに動けばその作業を遂行することができます。やる気の無い時に力を借りると良いでしょう。「作業トリガー」は Google Home やスマートフォンに向かって「ねぇ、Google 作業トリガーに繋いで」と言えばアプリを利用することができます。作業のステップを進めるにはステップごとの返事を返す必要があるので、それをサボると作業が進みません。このように半強制的でも目的の作業をこなせるようにと作業トリガーは開発されました。現行バージョンで作業バリエーションを選ぶことはできませんが、ユーザーが簡単な作業でメニューをプログラムし公開できるようになれば、ヨガや ○○ に効果のあるエクササイズ、勉強や研修プログラムの自習などに役立ちそうです。Source : からっぽもーど、塗田さん、ご連絡ありがとうございます!

■関連記事
Xiaomi、Redmi 5とRedmi 5 Plusを12月7日に発表へ
パナソニック、コスパの良いベゼルレススマホ「ELUGA C」を台湾で発売
「Pixel Cランチャー」はタブレットに最適化されたPixel C用アプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。