ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

龍馬やペリーも飲んだ冷え性の味方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
龍馬やペリーも飲んだ冷え性の味方

いよいよ寒くなってきて、今年も冷え性の友達のことを思い出している。彼女曰く、夜、足先が冷えて眠れないのがもっとも辛いという。世の中には様々な対処法があるけれど、今年は足元用ヒーターでも、分厚いソックスでもなく、先日広島で見つけたこんなお酒をおすすめしてみようと思ってる。

みりんで作るお酒
「保命酒」

龍馬やペリーも飲んだ冷え性の味方 このお酒、広島県・鞆の浦地方でかれこれ約350年以上前から飲まれている薬味酒で、みりんに肉桂やシナモンなど十六種の薬味をつけて造られるもの。ベースが、「みりん」。なんて聞くと、なんだかやばそう…と思うでしょ。ところがこれ、甘くて、少しとろみがあって、結構美味しい(多分みんなが想像しているよりもずっと)。龍馬やペリーも飲んだ冷え性の味方

美味しさの秘密はまさにベースとなる「みりん」にあるとかで。みりんは、米麹の糖化酵素を使って掛米を糖化させて作られる。この時用いられる米麹を活性化させてやると、米本来の甘味や旨味(アミノ酸)を引き出すことができるという。

 

アミノ酸たっぷりの保命酒。お米由来の自然な甘さで美容や健康に良いとも言われ、ジュースで割ったり、アイスにかけたり、そしてレモンティーや葛湯と合わせて寒い夜に飲んでもよし。血行がよくなり、体もポカポカだ。

幕府はこのお酒で
ペリーをもてなした

龍馬やペリーも飲んだ冷え性の味方

保命酒は、江戸時代、大阪の漢方医「中村家」の子息である中村吉兵衛氏が、薬草の買い付けのため船で大阪から長崎の出島に出かけた。その際に立ち寄った潮待ちの港・鞆の浦で、地酒であった「吉備の旨酒(みりん)」に手持ちの薬味を漬けて作ったのが、始まりと言われているそう。

甘いものが手に入りづらかった当時、保命酒は嗜好品として人気に。のちに幕府への献上品となり、重要な客人をもてなすのに用いられたり、諸大名間での贈答用に使われたりもしたとか。

 

その代表が、ご存知・ペリー提督だ。ペリーさんが黒船に乗って静岡県の下田にやってきた時、当時の福山藩主であり幕府の老中首座でもあった阿部正弘公は、接待酒として地元の『保命酒』を振る舞ったという。

その際の記録は、静岡県伊豆の国市で幕末の貴重な史料を所蔵する江川文庫の「下田御用日記」を収めた本「江川坦庵全集別巻」に、ちゃんと残っているらしい。

あの銀山の人も
坂本龍馬も飲んだらしい

龍馬やペリーも飲んだ冷え性の味方

また、鞆の浦は、島根の世界遺産・石見銀山から出航する船が立ち寄る港になっていた。船に乗って出かけて行く人たちは、見送る人たちに「保命酒をお土産に買ってきてー」と頼まれたりもしていたとか。世界有数の銀山で働く人たちの、元気の源だったのかも。

 

他にも、海援隊が乗った大洲藩の蒸気船「いろは丸」が、紀州藩の軍艦「明光丸」と瀬戸内海で衝突し沈没したという「いろは丸事件」の際、損害賠償交渉のために滞在した鞆の浦で、坂本龍馬が飲んだという説もあったりして、保命酒は、これ日本の夜明けに貢献したのかもしれない(やや強引か)。

だからもしかすると、友人の悩んでいる冷え性の夜明けにも貢献してくれるかも…。そんなことを期待して、この冬、彼女に保命酒を贈ってみようかと思っているわけなのである。Licensed material used with permission by 岡本亀太郎本店

関連記事リンク(外部サイト)

もし幕末にパワポがあったら「薩長同盟」はこうなる?
夏の「冷え性」に悩む女子必見。体を温めるコツとは?
馬って真下から覗くと…あなたには何に見えましたか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。