体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ACIDMANのスタンスを見事に注入! 『創』に垣間見る彼らのブレない姿勢

結成20周年のアニバーサリーイヤーのハイライトとして、11月23日に自身主催のロックフェス『SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”』を開催したACIDMAN。フェス終演後には、12月13日にニューアルバム『Λ(ラムダ)』のリリース、そして来春からのレコ発の全国ツアーを発表し、決して止まることのない姿勢を見せつけてくれたのには少し驚いたが、考えてみれば何ともACIDMANらしい行為ではあったと思う。思えば、デビュー以来、15年間、休むことなく、音源とライブを継続してきたバンドである。その矜持を改めて見せつけられた格好だ。今回の邦楽名盤は、そんなACIDMANのデビュー作を振り返る。
これだけはおさえたい邦楽名盤列伝! (okmusic UP's)
ACIDMANだから実現できたロックフェス

去る11月23日、さいたまスーパーアリーナにて開催されたACIDMAN主催のロックフェス『SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”』が大盛況のうちに幕を閉じた。バンド結成20周年を記念して行なわれたフェスで、まさしく彼らの面目躍如と言おうか、ACIDMANというロックバンドがいかに日本の音楽シーンにおいて重要であるか、ACIDMANがどれほど愛されているかがよくわかる見事な公演であった。まず、彼らの20周年を祝わんと集まった面子がすごい。ASIAN KUNG-FU GENERATION、the HIATUS、THE BACK HORN、STRAIGHTENER、10-FEET、Dragon Ash、BRAHMAN、MAN WITH A MISSION、RADWIMPS。いずれも大型ロックフェスで当たり前のようにヘッドライナーを務めるバンドたちである。加えて、アンコールでは東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦、加藤隆志も登場。スカパラのふたりがACIDMAN解散の危機を救ったというのは彼らのファンならばご存知のことと思う。ルーキーの頃からともにライヴハウスを沸かせてきた同世代たち。ACIDMANの背中を見ながらシーンを駆け上ってきた後輩バンド。そして、彼らがリスペクトを公言してはばからない先輩アーティスト。日本を代表するロックバンドがACIDMANを通じて世代を貫き、ひとつのステージに集結したということが、即ちACIDMANの足跡を物語っていたと思う。
自らのスタンスを貫いた20年

しかも…だ。これは失礼を承知で言うが、ACIDMANには誰も知っているような楽曲──TVのワイドショーの常套句である“国民的”なヒット曲があるわけではない(それはこの日、出演したバンドたちも概ねそうで、RADWIMPSの「前前前世」が唯一の例外だろう)。『SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”』の翌日、それこそ朝のワイドショーでこの日の模様が紹介されていたが、「ACIDMAN主催フェス アジカン・RADら 20周年を祝福」とのキャッチコピーで、“ACIDMAN”の文字よりも“アジカン・RAD”の方がポイント数が大きかったし、映像ではRADWIMPSの扱いがやや濃い印象ではあった。いや、別にワイドショーを揶揄したいわけじゃなく、客観的に考えて、老若男女全方位型の芸能という枠で語るのであればそういう紹介になるのは仕方がないだろう。これも彼らのファンならばご存知のことと思うが、大木伸夫(Vo&Gu)はエンターテインメント色を強める音楽シーンに警鐘を鳴らしてきたミュージシャンである。そして、自らの音源においては、音楽が使い捨てになる傾向とは真逆と言える、芸術性を追求してきたアーティストでもある。メジャーデビューアルバム『創』はチャートベスト10入りを果たし、15万枚を超えるスマッシュヒットを記録したが、大木自身はその好リアクションに居心地の悪さを感じて戸惑ったというから、初期からその姿勢を徹底していた。つまり、(言うまでもなかろうが)彼らの20年は少なくとも狡猾にヒットを狙う…なんてこととはまったく無縁であった。そんなバンドのアニバーサリーが2万人を超えるオーディエンスに祝福されたのである。これは日本のロックシーンの成熟の証とも言えるし、それをACIDMANの信念が促したとも言える。あまつさえ、(紹介のされ方に“?”があったとは言え)その様子がワイドショーで放映されたのだ。傍目には痛快ですらあった。
インストへのこだわりはデビュー作から

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会