ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

職務質問で絶対にやってはいけないNG行動2つ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
職務質問で絶対にやってはいけないNG行動2つ

犯罪を未然に防ぐためにも、職務質問が必要なことは理解できるでしょう。職務質問は質問をしていくことで相手の不審点を探っていく作業です。やましいことがなければ、なるべく速やかに終わらせたいところ。そこで、最低限の労力で解放されるための職務質問のNG行動とOK行動を見ていきましょう。

職務質問を断ると最悪は身柄拘束

職務質問とは、犯罪抑止や捜査の端緒のために犯罪を疑われる者を停止させて質問をする警察官の職務。警察官職務執行法で決められた範囲の必要最小限で乱用はできず、あくまで任意です。

その警察官職務執行法では「異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者」という規定。しかし、その判断は現場の警察官に委ねられます。

もちろん任意なので、職務質問は断る権利があります。しかし、実際に断ると「何か断る理由があるのか?」と警察官がしつこく詰問。最悪の場合は「必要最小限の有形力の行使」として、身柄拘束なんてこともあるようです。

職務質問で警察手帳の提示を求める

断らないにしても、職務質問では警察官を戦闘モードにしてしまうNG行動にも注意します。警察官に向かって警察手帳を提示するよう求めるなど本物かどうかを疑う行為と、「俺らの税金で飯食っているんでしょ?」とケンカ腰で応対する行為です。

この2つのNG行動は警察官の自尊心を非常に貶めることであり、プライドを傷つけてしまいます。「職務質問ぐらいで、なぜあなたはそこまで焦る必要があるんですか?」と、警察官側の戦闘モードのスイッチを入れてしまう可能性があるのです。

一方、職務質問のOK行動は自身の身分を即座に明かすこと。免許証や保険証を、常に出せるようにしておくと協力的な対象とされ、警察官からの好感度は上がります。自転車に乗っていた場合は、自転車から降りて対応するとよりベターです。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。