ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

産業遺産マニアも唸る、「佐渡」の魅力とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
産業遺産マニアも唸る、「佐渡」の魅力とは

佐渡といえば国内最大級の金銀山で知られていますが、実は多くの産業遺産が街中に集中していて、いずれもすぐ近くにあることも魅力なんです。

半日歩くだけでも色々な遺産が見られるし、満足度の高い旅ができそうです。建築好きや廃墟・産業遺産マニアも唸る、そのワケとは?

まずはマップを。

赤いピンは、産業遺産「北沢浮遊選鉱場」や「大間港」、その他、博物館や美術館などの場所を示していて、地図の中心から半径約1km圏内に集まっていることがわかります。歩いて回れることが一目瞭然です。「佐渡金銀山」へもバスで気軽にアクセスできますね。産業遺産マニアも唸る、「佐渡」の魅力とは

あっちにもこっちにも
「産業遺産」

佐渡銀金山の歴史は古く、1600年代初頭までさかのぼります。江戸時代から日本最大の金採掘地として繁栄。そして明治以降は機械化と近代化が進みました。

このため、山からも近いこのエリアに産業遺産がいくつも作られたんですね。産業遺産マニアも唸る、「佐渡」の魅力とは こちらが「北沢浮遊選鉱場」。昭和11年に工場建設がはじまり、その後大増産計画などを経て完成しました。1ヶ月で50,000トン以上の鉱石を処理でき、当時は「東洋一」とうたわれました。産業遺産マニアも唸る、「佐渡」の魅力とは

これが「北沢浮遊選鉱場」の隣にある「シックナー」

水と不純物を分離して、工場用水を確保する施設でした。その規模は直径50メートルあり、こちらも国内最大規模だったとか。遺跡のようなフォルムもいいですよね。産業遺産マニアも唸る、「佐渡」の魅力とは 続いて、明治10年に完成した日本最初の西洋式立坑(垂直坑道)「大立竪坑」。これは地表から坑内へ人や物を運ぶための地下エレベーターで、最終深度は352m。産業遺産マニアも唸る、「佐渡」の魅力とは

それぞれのスポットからスポットへ行く際の「通り」も、昔ながらの家屋が軒を連ねていたり、レトロ塀が寄り添っていたり、懐かしい雰囲気に包まれています。次の旅行先の候補にも、ぜひ「佐渡」を。Licensed material used with permission by 佐渡観光協会

関連記事リンク(外部サイト)

島のうまみをつめこんだ「佐渡保存」の満足感。
限界集落に100人集めた盆踊り。大成功のヒミツとは?
ガイドさんを頼ってみたら、また行きたい世界遺産になりました【石見銀山】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。