ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【滋賀 最新レポ】 冬の滋賀・びわ湖を満喫! 190以上の体験プログラムでおすすめ紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1229_2
2015年、滋賀県の「琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産」が文化庁によって日本遺産に認定された。それにちなんだ「日本遺産 滋賀・びわ湖 水の文化ぐるっと博」が2017年10月から2018年3月まで、県内各地で190を超えるプログラムが開催されている。その中でも特に冬に楽しめるプログラムを厳選して紹介する。
■ 朝から絶景を堪能する琵琶湖クルーズ

1229_3
滋賀湖畔にある「おごと温泉」から早朝に出発、通常立ち入れない満月寺境内から琵琶湖有数の絶景「朝焼けの浮かぶ浮御堂」を間近で見る特別ツアー。ハート型の「幸福を呼ぶ石」がある伊豆神社も散策。1月7日と21日に実施。

■ レア過ぎる「雪野菜掘り」と地元名物グルメ伊吹山山麓は、県内有数の豪雪地帯。ここで「雪野菜掘り」を体験する。時に積雪1メートル以上にもなる。収穫した大根や株は持ち帰り可。昼食は地元名物「伊吹大根おろしそば」、お土産に漬物も。1月21日に実施。
■ 雪の森でスノーシューを履いて野生動物の足跡を探すツアー

1230_2
高島市の森林公園くつきの森でスノーシューを履き、白銀の森の中をガイド付きで散策。本格かまどでのご飯炊き体験と豚汁を大自然で味わったあと、雪遊びもできる。1月14日、27日、2月10日、25日に実施。
■ 滋賀や琵琶湖の魅力を伝えるフォトコンテスト、作品募集中琵琶湖ならではの絶景写真、思わず行ってみたくなる滋賀の観光写真などのフォトコンテストを募集中。入賞者には地元スイーツ、観光チケットなど滋賀ならではの豪華賞品がプレゼントされる。12月18日から2018年2月24日まで。

1230_31229_4
ほかにも、冬ならではのイルミネーションなどのイベント、水辺集落や石垣の街並みなどを行くまち歩きプログラム、万葉ロマン体験や産業ツーリズム、比叡山延暦寺での写経体験など、魅力的なプログラムが目白押し。以下のホームページで紹介されているので、ぜひともチェックしてみて欲しい。

びわこビジターズビューローhttps://nijitabi.biwako-visitors.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

三陸鉄道で冬の風物詩「こたつ列車」が養命酒とコラボ! 養命酒こたつのプレゼントも
忍成修吾が坂本龍馬に変身!?「坂本龍馬」は一流俳優の登竜門だった!世界唯一「とれたて生の桜えび」が味わえる静岡 今秋は実が大きく甘い!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。