体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビジネスの基本!電話応対のビジネスマナーを整理しよう【例文付き】

電話のかけ方・受け方に関するマナーは社会人として覚えておくべきビジネスマナーのひとつ。電話のかけ方・受け方は会社の印象を大きく左右する可能性があります。今回は電話をかける時・受ける時のマナーや覚えておくと役立つ表現をまとめました。

ビジネスの基本!電話応対のビジネスマナーを整理しよう

電話応対のビジネスマナー

まずは、この記事でご紹介するマナーをまとめておきます。ご自身でマナーを押さえておきたい時や、後輩に教えたい時にぜひともチェックを。

例文もご紹介していますので、気になった方は、その部分を詳しくご覧ください。

■電話応対の事前準備・心構え

1、手元にメモ帳と筆記用具を用意しておく

2、電話の受け答えは明るい声で

3、会社の代表として応答している意識を持つ

4、積極的に電話を取ってみよう

■電話をかける時のマナー6選

1、昼食時や朝・夜の業務時間外は避ける

2、電話がつながったら、社名と自分の名前を名乗る

3、相手が電話に出た時には、もう一度社名・名前を名乗り用件を簡潔に伝える

4、相手が不在の時は戻り時間を尋ね電話をかけ直す旨を伝える

5、先方の用件で電話を折り返した場合は、その旨を伝える

6、電話を終えたら、受話器はそっと置く

■電話を受ける時のマナー8選

1、電話がかかってきたら3コール以内に取る

2、電話を受ける時「もしもし」はNG

3、先方の社名・お名前を復唱する

4、先方が名乗らない、聞きとりづらい場合は聞き直す

5、取次ぎは、いったん保留にしてから行う

6、取次ぐ相手が不在の場合は、不在であることを伝える

7、自分で対応できない場合は、一度確認する旨を伝える

8、個人情報は口外しない

では、詳しく見ていきましょう。

電話応対の事前準備・心構え4つ

はじめに、電話に応対する前の準備と心構えを4つご紹介します。

1、手元にメモ帳と筆記用具を用意しておく

電話がかかってきてから筆記用具を探しているとスムーズな受け答えができません。特に慣れていないうちは、メモ帳と筆記用具は電話の近くに置いておき、必要に応じて電話の内容をメモすることをおすすめします。

2、電話の受け答えは明るい声で

電話をかける時も受ける時も明るい印象の声で話をするように心がけましょう。対面で話す場合と違い、電話では相手の顔が見えません。電話の声だけでやり取りするわけですから、普段よりも1段明るい声で話すことを意識しましょう。

3、会社の代表として応答している意識を持つ

電話で話している相手は、電話のあなたの声を、その会社の声として判断します。電話応対の時は、勤務年数が浅い場合でも「自分は会社の代表として応答している」という意識と責任感を持ちましょう。

4、積極的に電話を取ってみよう

「会社に掛かってくる電話は、自分が一番にとる」という意識を持つようにしましょう。特に入社したての場合は、社内の同僚や先輩に対してあなたのやる気を伝える場となります。また、電話の応答に慣れたり、取引先に覚えてもらうと、仕事がはかどることもよくあります。

電話をかける時のマナー6選

次に、電話をかける時のマナー6つです。

電話をかける時のマナー6選

1、昼食時や朝・夜の業務時間外は避ける

特に週明けや連休明けの業務開始時間は、朝礼や伝達事項報告など忙しい時間帯です。なるべく避けておきましょう。朝・夜などの業務時間外にどうしても電話をかけなければならない時には、一言添えるのがマナーです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会