体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

湖池屋が提案する「新しい食事」って? 『グルメさん とろけるチーズソース』デミハンバーグ味とトマトボロネーゼ味を食べ比べてみた!

 

毎日仕事や育児で忙しい現代人のために、手軽にさっと食べられる「新しい食事」が新発売! 湖池屋のトルティーヤチップス『グルメさん とろけるチーズソース』<デミハンバーグ味> <トマトボロネーゼ味>は、スナック菓子なのに本格料理のような味わいを楽しめるという。11月13日より発売中!

目指したのは「持ち歩ける本格料理店」!

湖池屋は、誰もが知っているお菓子メーカー。コイケヤポテトチップスをはじめ、「カラムーチョ」や「ポリンキー」、「ドンタコス」など数々のヒットブランドを開発している。そんなコイケヤブランドにこの秋新しく仲間入りしたのが『グルメさん とろけるチーズソース』(各40g・参考価格税抜約120円・2017年11月13日発売)。欧米では食事としても取り入れられている”トルティーヤチップス”(とうもろこしをつぶして焼いたもの)をベースに、たっぷりのチェダーチーズをトッピングし、「デミハンバーグ」と「トマトボロネーゼ」の味わいにそれぞれ仕上げている。

 

長らく白米を主食としてきた日本人にとって、このトルティーヤチップスを「食事」とするのは少しばかり抵抗がある気もするが、忙しい時は「とにかく手軽でさっと食べられるものを!」という気持ちはよくわかる。しかも『グルメさん』が目指したのは「持ち歩ける本格料理店」だというから、味わいにも相当自信を持っているにちがいない。パッケージには、ウィンクしたシェフがチーズをとろりとかけているイラストが大きくデザインされていて、シェフがつくる料理を連想させる。

 

またスナック系にしては比較的低カロリーのトルティーヤチップスは、ダイエット面でも魅力がある。グルメさんは「デミハンバーグ味」が40g・211kcal、トマトボロネーゼ味が40g・212kcalで、たっぷりチーズが入っているにしては低めに抑えられている。これは、忙しさのあまりつい暴飲暴食してしまう今の時期にぴったりかも!? 『グルメさん とろけるチーズソース』の二種類を食べ比べして、その味わいを確かめてみよう!

 

まずは『グルメさん とろけるチーズソース<デミハンバーグ>』を試食!

グルメさんの『デミハンバーグ味』は、洋食の定番であるデミグラスソースをたっぷりかけたハンバーグの味わいを再現。チェダーチーズとソースのコク、そしてビーフパウダーがどうマッチするのかが気になる。

パッケージは「持ち運べる本格料理店」をテーマにしているだけあり、コンパクトで食べきりサイズ。袋を開けてすぐに中身をつまみやすいことにこだわったというだけあり、テーブルの上でも手で持った感じでも安定感がある。

中身はというと、三角のトルティーヤチップスにたっぷりとチーズがかかっている。表面にチーズの筋が見え、チーズの香りとデミグラスソースの香りがおいしそう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。