ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】テイラー・スウィフト2週連続No.1、クリスマスAL続々チャートイン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・アルバム・チャート】テイラー・スウィフト2週連続No.1、クリスマスAL続々チャートイン

 テイラー・スウィフトの『レピュテーション』が、2週連続の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 先週、2017年度最高の123.8万ユニット数を獲得し、堂々の首位デビューを飾ったテイラー・スウィフトの新作『レピュテーション』。数字は大幅にダウンしたが、今週も約23万ユニットを獲得し、2週目の1位をキープした。評価すべきは、これがストリーミング・ポイントを含んでいないということ。本作は、現在までにスポティファイなどのストリーミング配信サービスに提供しておらず、アルバムの実売(ダウンロード数/パッケージ・セールス)のみで150万枚(2週合計)近くを売り上げたということになる。未定ではあるが、ストリーミングが開始すればさらに数字を伸ばすだろう。

 2位には、カントリー界のおしどり夫婦、ティム・マグロウとフェイス・ヒルのデュエット・アルバム『ザ・レスト・オブ・アワ・ライフ』が初登場。これまでにも、「ジャスト・トゥ・ヒア・ユー・セイ・ザット・ユー・ラブ・ミー」(1998年/カントリー・チャート3位)や、「レッツ・メイク・ラブ」(2000年/カントリー・チャート6位)、「スピーク・トゥ・ア・ガール」(2017年/カントリー・チャート6位)など、デュエット曲をヒットさせてきた2人だが、スタジオ・アルバムとしてのリリースは意外にも本作が初となる。ティム・マグロウは、1994年リリースの2ndアルバム『ノット・ア・モーメント・トゥー・スーン』から14作連続(コンピレーション・アルバムを含めると18作目)、フェイス・ヒルにとっては、600万枚を突破した3rdアルバム『フェイス』(1998年)から5作目のTOP10入りとなった。本作は、初動104,000ユニットを獲得し、カントリー・アルバム・チャートでは首位デビューを果たしている。

 カントリー界からは、4位にもベテラン・シンガーのガース・ブルックスが初登場。本作『ザ・アンソロジー:パート1、ザ・ファースト・ファイブ・イヤーズ』は5枚組のボックス・セットで、昨年も同時期に10枚組ボックス・セット『ザ・アルティメイト・コレクション』をリリースし、6位にランクインするヒットを記録した。ホリデー・シーズンになると、ギフト用に通販サイトや配信サイトなどでセールを行うため、注目のアルバムが安く購入できる。本作も、12月のセール期間中に売上を伸ばす可能性が高い。

 先週の17位から5位にランクアップしたのは、アカペラ・グループ=ペンタトニックスのクリスマス・アルバム『ペンタトニックス・クリスマス』。昨年10月に発売されたオリジナル盤に、新たに録音された新曲5曲が追加されたデラックス・エディションとして11月22日に再リリースされ、リエントリーを果たした。ペンタトニックスのアルバムはこの時期から売上が伸び始め、12月に入るとピークをむかえる。本作も、リリース当初は3位どまりだったが、登場9週目で首位に輝き2年連続のTOP10入りを果たしている。また、2014年10月にリリースした『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』も同年、2015年、2016年の3年連続でTOP10入りし、今週のアルバム・チャートでも33位まで上昇している。

 その他にも、マイケル・ブーブレの『クリスマス』(23位)や、マライア・キャリーの『メリー・クリスマス』(67位)、フランク・シナトラの『アルティメイト・クリスマス』(94位)など、毎年この時期にランクアップするクリスマス・アルバムの定番が上昇中。その中で、「シャンデリア」や「チープ・スリルズ」などのヒットで知られるシーア初のクリスマス・アルバム『エブリデイ・イズ・クリスマス』が27位にデビューした。意外な組み合わせではあるが、シーアらしいポップなクリスマス・アルバムに仕上がっている。10月にリリースした、グウェン・ステファニーの『ユー・メイク・イット・フィール・ライク・クリスマス』も44位に上昇中。次週以降、クリスマス当日までは、これらのアルバムがさらにランクアップすることが予想される。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、11月29日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『レピュテーション』テイラー・スウィフト
2位『ザ・レスト・オブ・アワ・ライフ』ティム・マグロウ&フェイス・ヒル
3位『スリル・オブ・イット・オール』サム・スミス
4位『ザ・アンソロジー:パート1、ザ・ファースト・ファイブ・イヤーズ』ガース・ブルックス
5位『ペンタトニックス・クリスマス』ペンタトニックス
6位『ビューティフル・トラウマ』ピンク
7位『レッド・ピル・ブルース』マルーン5
8位『Luv Is Rage 2』リル・ウージー・ヴァート
9位『÷(ディバイド)』エド・シーラン
10位『ストーニー』ポスト・マローン

関連記事リンク(外部サイト)

12月9日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
12月9日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
テイラー・スウィフトの『レピュテーション』、2週連続全米No.1が濃厚

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。