ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

遺品整理でお困りの方必見!出張依頼におすすめの業者まとめ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

メディアで多く取り上げられるようになった遺品整理。しかし、整理予定の家付近では業者が見当たらず依頼先に困っている。そんな方にベストな出張依頼ができる遺品整理業者をご紹介したいと思います。業者によってサービス内容や、見積もってもらった際の料金も異なります。理想としている整理に見合った業者を見つけるためにも、いくつか出張業者を比較してから決めてみてはいかがでしょうか。

家問題も気持ちもすっきりさせたい時に

null

決められた日までに部屋を明け渡さなければならない時。メディアで関連のある情報を目にして焦った時。遺品整理は人によって状況が異なるでしょう。ところが、いざ決心して業者を探したときに限ってなかなか見つからないという意見も多いようです。

そこで今回は多くの地域で出張の依頼ができる遺品整理業者をご紹介します。どの業者もまずはメールや電話で簡単な相談ができるので、気になっていることがあれば連絡を取ってみましょう。

出張依頼ができる遺品整理業者

出張依頼におすすめ①プログレス

null出典:プログレス

プログレスは365日申し込みが可能な業者です。全国出張に対応しており、見積もり後は追加料金なしというところが良心的で安心して依頼できる最大のポイント。仕分けから探索サービス、遺品の合同供養、リフォームも済ませられます。土地や住宅の名義変更手続き、保険の照会や解約といった書類関係の相談もできるので、何もかもがわからず困っている時にぜひ。料金は1K35,000円から。

出張依頼におすすめ②ワンステップサービス

null出典:ワンステップサービス

ワンステップサービスは全国出張対応の遺品整理や清掃を行っている業者です。整理に始まり、清掃、提体先寺院による供養、リフォーム、乗り物の廃車手続きや名義変更、法律相談、行政書士の紹介までが可能です。部屋は原状回復や解体申し込みもできるので、完全に元通りにして明け渡す必要がある時は特におすすめです。料金は1K38,000円から。

出張依頼におすすめ③キーパーズ

null出典:キーパーズ

キーパーズは創業10年の歴史がある業者です。年間2,000件もの遺品整理を行っていることもあり任せる際も安心。徹底清掃と消臭、合同供養サービス、布団供養、不用品の処分などを実施。不動産の売却や解体にも対応しているので、建物を売りたいと考えている時はこちらの業者へ相談してみましょう。一部対象外の地域も存在しますが、基本全国出張対応なので気になる方は問い合わせを。

出張依頼におすすめ④メモリーズ

null出典:メモリーズ

メモリーズは24時間年中無休で相談ができる業者です。西日本を中心に出張対応しており、中部から西の遺品整理をお考えの時であれば申し込みが可能。仕分け作業から始まり、探索、消臭、合同供養などが可能。福祉整理、空家整理などもできるので考えているという方はこちらへ。また、遺品整理とは別で大掛かりな部屋の片付けなども依頼できるので、覚えておきたいサービスが充実しています。料金は1K38,000円から。

出張依頼におすすめ⑤ソナエ

null出典:ソナエ

ソナエは整理や片付けを行っている業者です。明確な基本料金を設定しているため、料金がはっきりとわかりやすいところが魅力。電話やメールでは相談のみになりますが、実際に部屋を見てもらい料金を見積もってもらいましょう。整理、仕分け、探索、不用品処理と基本的な遺品整理を中心とし、一億円までの損害保険がかけられる点において安心です。料金は1K35,000円から。

遺品整理を業者に依頼するメリット

null

完全に遺品整理が完了するところまでたどり着ける

ご自身だけでは運び出せない家具や家電といった大型品を運び出し、形見分け発送したり不要であれば処分もしてもらうことが可能です。これらのことはプロに任せなければ手間がかかってしまうため、部屋に家具や家電が多いという時は業者へ申し込むことをおすすめします。

業者の中には、形見として親族へ発送するサービスを実施していることもあります。大型品は運び出しから発送まで全てが大変なので、完璧に遺品整理したいと考えている時にはとても便利です。

書類関係の手続きも相談できる

遺品整理を実施する業者は、いずれも遺品整理士がいます。整理士がいると難しい書類関係の手続きの相談ができるというメリットがあります。

車やバイク等乗り物の廃車手続きと名義変更、法律相談、建物の売却など過去に行ったことが無く、まったく手つかずな書類関係もプロに一度相談してみてはいかがでしょうか。

業者を決める時のコツと注意点

null

いくつかの遺品整理業者に相談しておく

料金、サービス内容と業者によって内容は異なります。今回ご紹介した業者の中から、いきなり1社に申し込んでしまうのではなく、相談は2社以上に申し込んでおきましょう。遺品整理の機会は1度しかないので、理想の遺品整理になるよう、より安心できて任せてもいいと思える業者に出会えるよう話し合いはしておくことをおすすめします。

必要事項は書き出しておくこと

遺品整理をしてもらうにあたって、必要性を感じている事項は全て書き出しておきましょう。整理、探索、供養は定番ですが、リフォームはしてもらうのかどうか。空いた部屋はどうするのかなど、当初予定していたはずのことを忘れていると後々手間が生じるので注意が必要です。

できれば実際に部屋を見てもらう

大半の業者が実際に部屋を見てから見積もりますが、稀に部屋写真だけで見積もりの話を進めていく業者もあります。というのも、遠方で立ち合い無しの申し込みをする際は実際に部屋を見ることなく整理を進めなければならないこともあるからです。

遺品整理後に予定を大きく上回る料金が発生してしまった場合、業者間だけならまだしも、申し込んだ当事者様が発端となり、親族間でトラブルになる例もあります。良い遺品整理だったと思えるような機会にするためにも、できれば部屋を実際に見てもらい、見積もり査定を出してもらうようにしましょう。

遺品整理を始めてみませんか?

null

何かきっかけがなければ始めることができない遺品整理です。メディアで話題になっている分、業者によっては予約も埋まりがち。先延ばしになってしまうことを考えると、きっかけがあった時に早めに相談しておくのもひとつの手ではないかと思います。部屋も、気持ちもすっきりさせる機会として遺品整理を申し込んでみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。