体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本場ドイツのクリスマスを感じられる、六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!【現地ルポ】

本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
いよいよクリスマスシーズンの到来! ヨーロッパでは本格的なシーズンが始まり、冬の楽しみとなっている「クリスマスマーケット」も各地で始まりました。日本でも、最近はクリスマスマーケットを開催するところも増えてきて、本場のクリスマスを日本にいながら感じられる機会が増えてきました。

東京の六本木ヒルズでも、毎年恒例のクリスマスマーケットが11月25日よりオープン! 今年は2,000種類以上のクリスマスグッズなどが集まるのだとか。正式オープン前の24日に、プレオープンのイベントが開催されましたので、その様子を今回はお伝えします。

今年で11年目を迎える六本木ヒルズのクリスマスマーケット

本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
六本木ヒルズで毎年開催さtれるクリスマスマーケットも、2017年の今年で11年目を迎えたとのこと。東京の元祖クリスマスマーケットと言われ、本場ドイツのクリスマスマーケットを再現し、毎年大盛況となっています。

本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
プレオープンとなったこの日は、オープン前にセレモニーが行われ、たくさんの子供達が招待されていましたよ。この日はサンタさんも登場して、大盛り上がりでした。

本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
そして、合図とともにマーケットにライトが灯ると、一気にクリスマスの雰囲気に! 気分も本場ドイツに行った気分になりました。

続いて、「1年中クリスマス」の雑貨のお店を紹介します。

ドイツからやってきた「1年中クリスマス」のお店も

今年の「六本木ヒルズ クリスマスマーケット 2017」には、雑貨や、食べ物屋さんなど、11店舗が出店。ツリーに飾るオーナメントやグッズ、ドイツビールや料理など、約2,000種類のアイテムが揃います。

本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
その中でも注目して欲しいのが、ドイツのロマンチック街道にある街、ローテンブルクにお店を構える「ケーテ・ウォルファルト」。このお店は、「1年中クリスマス」ということで、シーズンに関係なくクリスマスを楽しめるんですよ。

本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
六本木のクリスマスマーケットでは、ちょっと大きめの小屋で出店。店内には所狭しと、ドイツの伝統的な木で作られたオーナメントや、くるみ割り人形、煙人形などが並んでいます。

本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
本場ドイツのクリスマスを感じる、恒例六本木ヒルズのクリスマスマーケットが今年もオープン!
ここにいるだけで、ドイツのクリスマスに潜り込んだ気分になれるので、オススメですよ!

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。