体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。

「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。

「特大スイーツ」って、甘いモノ好きなら誰もが一度は夢見るもの。バケツプリンとかジャンボパフェとか。でも「家で巨大キットカットを作る」っていうこの動画は、それ以前に作業中の様子に笑わざるを得ない。一回失敗しちゃってるし、途中にナゾのパートもあるし(笑)。

でも最後にはうまくやるためのコツもわかるので、気長に見れば案外役に立つのかも?

欲望に一直線!!

「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。

初っ端から、「キットカットはチョコとクッキーがあれば万事解決!」と言わんばかりの豪快さ。

まずはクッキー部分を作る模様。小麦粉、砂糖、塩、ベーキングパウダー、バニラの液体甘味料を2カップずつ。上の画像の黄色い液体は卵ではなく「溶かしたバター1スティック」とのこと。欧米は規模が違う。さらに卵の黄身を4つと、ふるった小麦粉をドバドバ投入して、クリーム状になるまでミキサーで勢いよく混ぜてゆく。

あれ?クッキーってさっくり切るように混ぜないといけないんじゃなかったっけ…と思った鋭い人は、この後の出来上がりに乞うご期待。「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。 一通り混ぜたら生地を焼き上げる。「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。

ロゴがないとただの巨大チョコバーになってしまうので、続いてキットカットのロゴを型紙で用意。天面にチョコレートで貼り付けておきます。

「裏からロゴを見る機会なんてないから、配置が難しいなぁ」と製作者。「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。 チョコとクッキーを交互にセットして固める。見ているだけでお腹いっぱいになりそう…。「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。

バンッ!!!!!なんだこの重量感。勢いよく叩きつけて型から出す。これで完成!と思いきや…

あれっ?
なんかガッサガサだ…

「巨大キットカットを作ろう!」って動画を見ていたら、なぜだか元気が出た。
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。