ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドワンゴ、niconicoの新バージョン「niconico(く)」を2月28日に開始、nicocas(ニコキャス)で生放送がもっと楽しくなる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ドワンゴは 11 月 28 日、動画配信サービス「niconico」の新バージョン「niconico(く)」(「く」はクレッシェンド)を 2018 年 2 月 28 日に開始すると発表しました。niconico ユーザーの皆さんは、普段は「ニコニコ動画」や「ニコニコ生放送」で動画を公開したり、生放送番組を楽しんでいると思いますが、新しい「niconico(く)」では、「nicocas(ニコキャス)」と呼ばれる革新的なライブストリーミング機能が始まります。nicocas とは、既存のニコニコ動画やニコニコ生放送で培った技術を基に、動画、生放送、双方向、映像合成を一体化させ、様々な新機能を実装したシステによって提供される第三の niconico インタフェースです。nicocas ではユーザー生放送の双方向性と協同性を特に強化しており、これまでに体験できなかった番組制作やコミュニケーションが可能になります。例えば、既存のアンケート機能は「ニコニコ Q」へと進化。アンケートだけではなくて、クイズや問題集なども事前に作成・登録し、共有することが可能です。また、他のユーザーが作成した設問を借りて出題したり、他の SNS やライブ配信サービスにも出題することができます。これで本格的な教育系番組を制作できますね。「niconico(く)」でスマートフォンはログイン不要で番組を視聴することができます。また、PC とスマートフォンを連動させ、配信中に PC またはスマートフォンの入力ソースを切り替えながら進行することができます。例えば、スタジオと出先を中継するような番組作りが可能になります。さらに、番組のオープニングとエンディングにそれぞれ事前に用意した映像を挿入したり、「引用機能」を使用すると、他の動画や生放送を自分の番組に貼り付けて、それを実況している様子を生配信できます。新スタイルの実況番組が作れそうです。他にも、既存のアフィリエイト商品広告サービス「ニコニコ市場」は「ニコニコ新市場」に進化し、これまでの動画関連商品に加え、視聴者・配信者が一緒に遊べるアイテムや演出機能も起動ボタンとして貼り付けることができます。「niconico(く)」や nicocas の機能はここで紹介した以外にも多数ありますので、詳細はドワンゴのリリース文をご覧ください。なお、12 月 3 日から「niconico(く)」の体験会が順次行われます。Source : ドワンゴ

■関連記事
「Moto X5」の噂が浮上
Huawei、コスパの良いハイスペックモデル「Honor V10」を中国で発表
Android版「Gboard」が手書き入力やGODAN入力に対応、「フリックのみ」オプションも追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。