ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

奈良県にも抹茶あり。奈良県産抹茶ブランド「大和美人抹茶」 新たに原材料の販売を12月より開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

商品名
大和美人抹茶概要
株式会社奈良祥樂(本社:奈良県生駒郡斑鳩町竜田2-2-11 代表取締役:植嶋修治)は、
奈良県産抹茶を日本初の加工用抹茶「大和美人抹茶」としてブランド化し、
大和抹茶の魅力を発信しております。

「大和美人抹茶」は茶葉100%抽出液を特殊製法で顆粒化することにより、
作業効率がよく美味しさと溶けやすさを追求した高パフォーマンス加工用抹茶です。
今までにない優れた加工用抹茶「大和美人抹茶」を原材料として販売することで、
より多くの方に大和抹茶商品を味わって頂く事を目的としております。

原材料の販売販路先(確定しているもの)
業務用原材料メーカー
菓子・食品製造メーカー
菓子・食品製造小売業(飲食業)

■奈良県産抹茶の現状
Ⅰ大和抹茶の現状は、
県外の有名抹茶にブレンドされる「原料の一部」としての販売で
  大和抹茶としての販売はほぼされておらず、
県内でも認知度がゼロに近い
Ⅱ抹茶の原料「碾茶」の栽培は10年以上前より奈良県でも行われており
  茶葉の栽培技術・品質共に認められている

■加工用抹茶の課題
Ⅰ加工後光にあたるとすぐに退色し、
色、
見栄えの面で改善が必要
Ⅱ加工時、
粉が舞い散り製造時のロスが多い
Ⅲダマになりやすく均等に混ぜるのに技術を必要とし、
作業効率が悪い
Ⅳ銅イオンやクロレラ等の添加物、
着色料入の加工用抹茶が流通しているのが現状

■大和抹茶の地位向上に向けた取組
奈良県に拠点を置く3社が其々のノウハウを終結することで大和美人抹茶のブランド化を実現
生産者 株式会社大和園 奈良県山辺郡山添村菅生2197-3
販売者 株式会社奈良祥樂 奈良県生駒郡斑鳩町龍田2-2-11
研究開 発株式会社ジラエス 奈良県橿原市小槻町172-10
  

■『大和美人抹茶』の特徴(特許出願中)
Ⅰ熱や光による色落ち、
褐変を通常抹茶より1.5倍~2倍抑制した顆粒状の抹茶です
Ⅱ茶葉100%の原料(奈良県産)で、
着色料など一切使用しておりません
Ⅲ顆粒状なので配合が容易で、
水への溶けも良くダマになりにくく作業効率が良い
Ⅳ加熱しても焦げにくい
Ⅴ混合時の粉立ちが少なく作業効率が向上します

■「大和美人抹茶」の強み
Ⅰ「日本初」
Ⅱ「高い新規性」の茶加工品
Ⅲ「独自の製法ノウハウ」
であると自負していますURL
http://nara-shogaku.jp/お問い合わせ先 担当者
お問い合わせ先 電話番号
0745740526お問い合わせ先 メールアドレス
seki@ueshima-net.co.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
みんなのPRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。