ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android版「Gboard」が手書き入力やGODAN入力に対応、「フリックのみ」オプションも追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
先日、日本語入力に対応した多言語キーボード「Gboard」のベータ版が本日付けで v6.8.3 へとアップデートされ、手書き入力と GODAN 入力の両方に対応しました。手書き入力は、キーパッドに指やスタイラスで書いた文字がテキストとして認識され、そのままアプリなどに入力できるというものです。 Google 日本語入力でも以前からサポートしているので、使い慣れている方は多いでしょう。一方、GODAN 入力というのはケータイ 配列のようなキーボードを使って日本語をローマ字入力できるように考案された日本語向け入力方式です。こちらも Google 日本語入力では以前よりサポートしています。v6.8.3 では上記の他にも、日本語対応キーボードでは定番の「フリックのみ」オプションが追加され、12 キー配列のキーボードでケータイ入力を無効にできるようになりました。これらの新機能は Gboard のレイアウト設定画面で見られます。「Gboard」(Google Play)

■関連記事
Android 8.1 Oreo DP2でPixel 2の「Pixel Visual Core」を有効にする方法
HTC、Twitterでのフォロワー数2万人超えでHTC U11ソーラレッドのSIMロックフリー版を国内発売
Xiaomi、18:9ディスプレイを備えるRedmiスマートフォンのティザーを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。