体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

広大なカーテンアンテナから世界に安心を 日本唯一の『短波』国際放送送信所

関東地方のほぼ中央に位置する茨城県古河市。JR古河駅から東北東に10㎞ほど進むと、林立する鉄塔郡が並ぶ場所があることをご存知だろうか? 青空を突き刺すように立ち並ぶ紅白の鉄塔郡は、美しいコントラストと迫力を放つ壮観な光景だ。果たして、この鉄塔群は?

東京ドーム22個分の敷地に広大なカーテンアンテナがあった!

実は、これらの鉄塔郡は日本で唯一の海外向け短波放送を行う「KDDI八俣送信所」だ。その歴史は古く、なんと70年以上も前の1941年に開設。以来、今この瞬間も、世界各地に短波放送を送信し続けている。約100万平方メートル(東京ドーム22個分!)という広大な敷地内には、アンテナの一部である紅白の鉄塔が数十本建ち並ぶ。今回は壮大なスケールの「KDDI八俣送信所」を探訪したい。

さて、短波と聞いて「懐かしい」と感じた方もいるのでは? 実は1970年代後半頃には、海外の短波放送を聴くことが小中学生のあいだでブームとなった。そもそも短波放送とは、遠距離通信に適した周波数3~30MHzの電波を使用して、遠く離れた海外などに音声や音響を送ることができる放送だ。一カ所から広範囲に送信できるため、非常時の通信や、遠洋の船舶通信や国際線航空機用の通信などに用いられている。

「KDDI八俣送信所」から送信している番組は、「NHKワールド・ラジオ日本」。政治や経済などの最新情報から日本人の暮らし、文化などを世界へ向けて発信するのだが、なんと南極の昭和基地でも難なく受信できるというから、短波放送の伝播力たるや恐るべし。

送信所の鉄塔をよく見ると、2本の鉄塔の間に細かい網目状の導線が張り巡らされている! いったいこれは?

実は導線(エレメント)がアンテナの役割を果たしていて、カーテン状の網から電波を送っているのだ。このカーテンアンテナは、紅白の鉄塔2本と白の鉄塔1本の間に導線を張り巡らせたもので、大電力の電波が発射でき、遠距離向けの送信に適している。ほかには、水平LPアンテナがある。水平LPアンテナは2本のトラス柱で支えたもので、比較的近距離に広範囲で電波を送信することができるため、朝鮮半島や中国などに発信するように使われている。送信所で使用するアンテナはこの2種類だ。


左:カーテンのような形状のカーテンアンテナ。計15式を設置している
右:水平LPアンテナ。計3式を設置


鉄塔間に張り巡らされたアンテナ。線によって描かれる緻密な幾何学模様は、まるでアート作品のよう

送信所のアンテナ配置図を見てみると、アンテナが世界各国へ向けて敷地の東西南北に設置されていることがわかる。


局舎の屋上にあるアンテナ配置図。短波を世界中へ発信する

たとえば、敷地内の東側に設置されたアンテナ群からはアメリカや南米へ、南側からはオセアニアへ向けて短波を送信している。


こちらが東側に設置されたアンテナ群

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。