体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャスパー・モリソンと熊野亘がデザイン、more trees10周年記念「スツール」発売中

moretrees-10thanniversary-stool_001

more trees10周年の特別アイテム

2017年10月より、「more trees設立10周年記念 特別プロダクト『スツール』」が発売されています。

more trees(モア・トゥリーズ)は坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体。「都市と森をつなぐ」をキーワードに活動を展開しています。

今年で設立10周年を迎えたことを記念し、世界で活躍するプロダクトデザイナー・ジャスパーモリソン(Jasper Morrison)氏と熊野亘氏がデザインを手がけた特別プロダクト「スツール」をリリースしました。

「more treesの森」がある岐阜県の「東濃ヒノキ」の無垢材を使用し、地元の職人たちにより一つひとつ手作りされているそう。

購入すると、パーツがバラバラの状態で届き、組み立ては使い手自身で行います。無塗装の無垢なので、自分で塗装や仕上げをすることも可能。ヒノキのぬくもりを活かしたやわらかなフォルムのほか、森と作り手、使い手をつなぐ工夫が凝らされたデザインとなっており、生活に寄り添ってくれる1脚となるはず。

サイズはシングル、ダブル、ロングの3パターン。スツールとしてだけでなく、ちょっとしたディスプレイなどにも活躍してくれます。

11月からは国内初披露の場としてバーニーズ ニューヨーク旗艦6店舗での販売がスタートしています。さらに特別企画として12月1日(金)~25日(月)の期間限定で、sacaiデザイナーの阿部千登勢氏、ショコラティエのピエール・マルコリーニ氏、建築家の藤本壮介氏、そして坂本龍一氏によるスツールアートピースのチャリティ販売も行われます。

その他、東京・代官山の代官山蔦屋書店にてPOP UP ストアも開催中です。

スツールの購入金額の一部は、more treesの森林保全活動に使われるとのこと。森から作り手へ、作り手から使い手へ、そしてまた使い手から森へ。大きな循環を生む小さな一歩として、「スツール」を暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

moretrees-10thanniversary-stool_002 moretrees-10thanniversary-stool_003 moretrees-10thanniversary-stool_004 moretrees-10thanniversary-stool_005 丁寧な手仕事と素のままのぬくもりを楽しめます。

▽使用イメージ

moretrees-10thanniversary-stool_008
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会