体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どの角度から見ても光る反射板「Flectr 360」で自転車走行の安全を確保!

夜間やトンネル内を自転車で走るとき、周囲に自分の存在を知らせることが安全の確保につながる。そのためのツールの一つが、反射板(リフレクター)だ。

シートの後ろや車輪のスポークなど取り付け場所はさまざまだが、今回はリム部分につけるタイプを紹介しよう。リムをはさむように貼るので、どの角度から見ても光るというのが売りだ。

・“死角”なし

たとえば、サドルの後ろにつける反射板があるが、この場合、後方からライトを当てると光るが、そのほかの角度からだと目立たない。

そうした“死角”をなくそうとつくられたのがFlectr 360。車輪のリム部分は薄く、Flectr 360はリムの両側面にまたがって貼るようになっている。

・前後に貼ってさらに目立つ!

Flectr 360は1つのセットに4枚入っている。1つの車輪に4枚貼るのもいいし、各車輪に2枚ずつ貼るのもありだ。たくさん付けるほど目立つ。

ドイツのスタートアップが開発したこのリフレクター、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開中。

今なら17ユーロ(約2300円)とお手頃価格で入手できるので、自転車によく乗る人は安全のために1つ入手しておくといいかもしれない。出資期限は12月30日。

Flectr 360/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会