ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【うま辛】今日から一人鍋の具には「明太子」を全力でおすすめしたい!「ニラ明太チゲ鍋」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:edajun:20171127133204j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

身体の芯まで冷えるこの時期、材料を切って煮込むだけ、野菜もたっぷりとれて、おひとり様にもうれしいメニューといえば「鍋」。

そんな一人鍋といえば、シンプルに豚バラとキャベツをポン酢でいただくのが王道。ですが、そこに具材や調味料を少しプラスするだけでお店で食べるような「チゲ鍋」ができるんです!

チゲ鍋は辛く、代謝を上げてくれて冷え切った体を温めてくれます。今日は辛みとうま味を出すのにおなじみのキムチ、そして明太子も使い、さらにニラとにんにくをたっぷりと使ってスタミナ鍋に仕上げてみました。明太子は半生くらいでよくほぐして食べるのがポイント。スープに濃厚なコクも出してくれますよ!

エダジュンの「ニラ明太チゲ鍋」

【材料】(1人分)

豚バラ肉 80g ニラ 1束 きゃべつ 葉3枚 明太子 1/2腹(40g) キムチ 80g コチュジャン 大さじ1 にんにく(みじん切り) 1片 鶏スープ(水500mlに鶏ガラスープの素大さじ1を溶いたもの) いりごま(白) 適量 ごま油 小さじ1

(A) みそ 大さじ1 オイスターソース 小さじ2

作り方

f:id:edajun:20171127133403j:plain

1. 豚バラ、ニラは4cm幅に切る。きゃべつは食べやすいサイズに切る。明太子は皮に切れ目を入れる。

f:id:edajun:20171127133640j:plain

2. 鍋にごま油をひき、弱火でにんにくを炒める。にんにくの香りがたってきたら、コチュジャン、キムチを入れて全体を混ぜながら中火で炒める。

f:id:edajun:20171127133742j:plain

鶏スープを入れ、沸騰寸前に弱火にして、(A)をよく溶かす。

f:id:edajun:20171127134623j:plain

3. 2にきゃべつ、豚肉を入れ、肉に火を通す(アクが出てきたらすくうのがおいしく仕上げるコツ)。明太子、ニラを入れて、じっくり弱火で火を通し、最後にいりごまをふりかける。

冷えた体がポカポカしてくる鍋です!

f:id:edajun:20171127134046j:plain

コチュジャンとキムチは最初にしっかりと炒めると、香ばしい風味が足されておいしさが増します。辛いのが苦手な方は、コチュジャンの量を調整してくださいね。

お肉も野菜もしっかり食べられて、おかずにもおつまみにも文句なし。もちろん、残ったスープにはごはんやインスタントラーメンを入れて、ニラ明太雑炊やニラ明太ラーメンに。一人鍋とはいえ、シメまでしっかり楽しみたくなるうま辛スープですよ!

明太子が残ったら、こちらの簡単つまみも!

www.hotpepper.jp

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。パクチーレシピの数々を録した『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、和・洋・中・韓・エスニック・ポタージュと150品のスープレシピをまとめた『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150 』(誠文堂新光社)が好評発売中。 ブログ:パクチー料理研究家 エダジュン「パクチーに恋して」 Instagram:@edajun レシピブログ:管理栄養士 エダジュンさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ホームページ:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年11月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

富士そば・幻の新メニュー「乱切り蕎麦」の実力を徹底調査【東京ソバット団】
新日本プロレスの“野人”中西学選手の「モンスターモーニング」を知っているか
【器ごと食べられる】寒~い朝にハフハフ食べたい、家にあるもので「ぜいたくパングラタン」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。