ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【北海道】遺品整理をお考えの方へ!おすすめ業者&コツまとめ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大切な人が旅立った後。残していった大切な思い出の品はありませんか?
大事に取っておきたい物もあれば、片付けなければならない物も出てくるはずです。けれど、いざ整理をしようと思っても、なかなか手を付けられなかったり、どう処理すればいいのか分からない……そんなこともあるでしょう。今回は大切な人の残した物――遺品整理についてご紹介します。北海道でおすすめの業者を4選してあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

遺品整理業者って?

nullPhoto byAJC1

遺品整理業者とは、その名の通り、遺品整理を代行する業者のことです。
片付けから清掃、遺品の仕分け、運搬など、遺品整理に関する作業を任せられます。業者によっては、ご供養、お焚き上げなども行うところがあります。単純に遺品整理と言っても、依頼できる内容は幅広くあります。

業者に依頼するメリット

整理する物が多い場合はもちろん、その他にも業者に依頼することには様々なメリットがあります。

時間がかからない

北海道の外や遠くに住んでいたり、なかなか時間が取れなかったりと何度も通って整理することができないという場合。業者に依頼することで解決できます。また、個人が賃貸住宅に住んでいた場合、家賃の問題もありますし、速やかな退去が望ましいでしょう。業者のほうが仕分けにも整理にも慣れていますから、短時間で作業が終わります。

力仕事を任せられる

大型家電や家具など、動かすだけでも一苦労。それだけでも大きな負担になりますし、どう処分するかは決めても実行に移せないということもあるでしょう。遺品整理業者に依頼すれば、身体的な負担も解決できます。

北海道のおすすめ遺品整理業者

遺品整理.com

null出典:遺品整理.com

遺品整理.comにはプロの遺品整理士が在籍しています。古物商の認可があるので買取にも対応していますから、「品によっては買取を……」という場合に頼りになります。

まずは電話かメールで問い合わせをします。メールでも返信は24時間以内と迅速な対応です。量が少ない場合、この問い合わせの時点で大体の金額が分かります。見積もりは電話でも可能ですが、北海道の故人のお宅(整理現場)での見積もりがしてもらえます。作業日は依頼者の都合に合わせて設定してもらえるので、予定にあまり融通が利かない方も依頼しやすいでしょう。急な依頼でも柔軟に対応してもらえます。
形見分けの発送や、郵送した遺品のお焚き上げなどにも対応しており、作業後の現場を写真に撮って郵送・メールという報告もしてもらえるので、たびたび通うことが難しいという方におすすめです。

遺品整理まごころ

null出典:遺品整理まごころ

遺品整理まごころは、荷物量と作業量で料金が決まり、決まった料金に梱包作業、車両・搬出作業、養生作業、仕分け作業、廃棄物処理の料金が含まれています。契約後の追加料金発生がない(追加作業を依頼した場合は除く)ので、分かりやすい料金設定です。また、買取可能な品があれば、その場で支払総額から値引きしてくれます。

まず電話で問い合わせをして、整理現場で見積もりを取ります。この時の見積もり料金が、当日に変更することはありません。現場での見積もりまで無料で相談できるので、まず相談してみたいという方におすすめです。

遺品整理のはんしん

null出典:遺品整理のはんしん

遺品整理のはんしんは事故現場特殊清掃士が在籍しており、特殊清掃優良企業の認定を受けています。特殊清掃とは、孤独死や事故・事件死などの場合の清掃作業のことで、消臭・除菌、害虫駆除、ご供養・お焚き上げ、リフォームなどの原状回復を行います。こういった場合での遺品整理の場合、特殊清掃扱いですがこちらで依頼できます。通常の遺品整理と違った作業も、事故現場特殊清掃士の資格を持った作業員が作業してくれるので安心です。

まず電話、または問い合わせフォームから問い合わせをします。料金の目安表がホームページにありますが、正確な見積もりは現地(作業現場)で行います。見積もりまで無料で対応してもらえるので、特殊なケースであっても相談しやすいのがおすすめです。

北海道で業者選びのコツ

PAK85_virssearch20140531_TP_V
北海道にも遺品整理を行っている業者は多数ありますが、だからこそ依頼する業者は慎重に選ばなければいけません。

近年、遺品整理業者に関するトラブルが相次いでいます。たとえば、遺族から引き取った遺品を不法投棄したり、勝手に処分してしまったりなど、依頼する側としては心配になりますよね。
それでは、どのような業者を選ぶべきなのか?業者選びのポイントをご紹介します。

遺品整理士が在籍しているか確認する

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会で認定されている資格保有者のこと。遺品整理に関わる法規制(廃棄物やリサイクル品についての取り扱いなど)について学び、遺品整理にまつわる作業に対する正しい知識を持っていることの証明です。
遺品整理業者は数多くありますが、それに関する法整備がほとんど整っていない為に、不法投棄をする業者や不当な料金を請求してくるような業者も存在します。
遺品整理士認定協会は、そういった業界のモラル低下の是正を掲げています。その認定資格を得ている以上、遺品整理士とは遺品整理のプロです。ただ作業をするだけでなく、正しい知識を持っている・信頼できることの証明としているので、確認しておきましょう。

比較する

業者により、料金やサービス内容に格差がある場合があります。見積もりを複数取って、比較することをおすすめします。また、見積もりは実際の現場で立ち合って行うのがベストです。事前に現場での見積もりをしっかり出せる(料金体系がしっかりしている)ことは重要です。そして、一番納得のいく対応をしてくれる業者を選びましょう。

態度を見る

遺品整理とは、故人を供養する行事でもあります。思い出の品を大切に扱えなければ、依頼する意味はありません。見積もりの時点で、故人を供養するという気持ちが見られる業者を選びましょう。

北海道の遺品整理の相場

graf
北海道の遺品整理業者の相場(基本料金)は、以下の通りです。
これに立地条件やエレベーターの有無、現場の状況など、オプションとして別途料金が加算されます。

※依頼を検討している方は、ぜひ見積もりを依頼することをおすすめします。

1K,作業人数1~2名の場合、18000円~
1LDK,作業人数2~3名の場合、38000円~

2DK,作業人数2名~の場合、45000円~
2LDK,作業人数2名~の場合、58000円~

3DK,作業人数4名~の場合、70000円~
3LDK,作業人数4名~の場合、78000円~

エレベーターがない場合(階段)の運搬費としては、5階までなら5000円~35000円ほどの加算が相場です。
しかし、業者によるだけでなく、立地条件などでも料金が変わる場合があるので、依頼する際にはしっかりと見積もりを取ったほうが安心でしょう。

まとめ

nullPhoto bynakimusi

北海道の遺品整理業者をご紹介しましたが、いかがでしたか?
大切な人を見送った後に必要となってくる遺品整理ですが、様々な理由でなかなか手をつけられないということがあります。しかし、大切な人が残した物だからこそ、大切に整理しなければなりません。依頼を検討する際には、ぜひ参考にしてみて下さい。

残された遺族が、今までの感謝と共に笑顔でお別れを言えるよう、依頼する業者には安心と信頼を求めましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。