ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大流行中「Android TV BOX」表と裏の顔とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大流行中「Android TV BOX」表と裏の顔とは?

スマホ用OSとして普及しているAndroid。このAndroidOSを搭載したHDMI接続のメディアプレーヤー端末が大流行中です。AndroidOSを搭載したことで、アプリの追加や更新ができ、拡張性が格段に向上しました。テレビに接続するSTBタイプゆえ、マニアの間では通称「Android TV BOX」といわれています。

Android TV BOXで動画サービス

Android TV BOXは、マルチプレーヤーアプリを導入すればPCに保存している動画ファイルの再生が可能に。さらに「Abema TV」「Netflix」などのアプリを入れれば動画配信サービスもテレビで見られます。

つまり、Android TV BOXによって普通のテレビがスマートテレビ化できるということ。ただし、このAndroid TV BOXには表と裏の顔があるので要注意です。

表製品のAndroid TV BOXは手持ちのAndroidスマホと連携でき、セットアップもカンタン。PCに不慣れなビギナーでも気軽に試せます。一方で大人の事情により、有名アプリや動画サービスに非対応なケースもあるのです。

具体的には、ピクセラの「PIXELA Smart BOX」(実勢価格14,800円)や、アイ・オー・データ機器の「AV-ATB100」(実勢価格35,000円)、シャープの「AQUOSココロビジョンプレーヤーAN-NP40」(実勢価格18,000円)などの製品になります。

しがらみ無視のAndroid TV BOX

表製品のAndroid TV BOXの魅力は最新OSに対応し、リモコンの反応もストレスがありません。安心して既存のGoogleアカウントを入れられます。また、トリセツ通りの性能を発揮。4K解像度にも対応します。

そんなしがらみを、一切無視するのが中華Android TV BOX。日本のアニメやドラマがVODで見放題になる裏配信サービスにアクセスできるアプリを標準で実装していたり、アヤシイAPKファイルを好き放題ぶち込むことも可能です(root化済み?)。自分好みにカスタマイズできるので、マニアならかなり遊べる仕様といえます。

Android TV BOXの裏製品は、Unblock Techの「UBOX4」(実勢価格18,000円)や、Sunvell Electronicsの「T95z Plus」(実勢価格9,800円)、シャオミの「Xiaomi TV Box3」(実勢価格12,800円)などです。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。