体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーティスト・LiSA インタビュー 『長続きの秘訣は、とくかく小さなことでも楽しさをみつけること』

アーティスト・LiSA インタビュー 『長続きの秘訣は、とくかく小さなことでも楽しさをみつけること』 アーティスト・LiSA インタビュー_01 アーティスト・LiSA インタビュー_01

圧倒的な熱量を持つパフォーマンスと歌唱力が魅力のLiSA。バンドを続けるために始めたというアルバイトでの経験や、仕事観を伺いました。さらに、10月クールのアニメ『「Fate/Apocrypha」』のオープニングソングとしてもON AIR中の新曲「ASH」制作エピソードについてもお伺いしました。

 

“歌詞の意味”や“歌うこと”にあらためて向き合えた時間

アーティスト・LiSA インタビュー_03——2017年は、アリーナツアーに続き、9月から全国ホールツアーが行われたわけですが、これまでと何か変化を感じましたか?

はい。自身初のアリーナツアーという大きな経験を経て、ホールツアーに向かったんですけど、ツアー中盤の公演を体調不良のために延期してしまったんです。不本意ではあったんですけど、音楽に触れられない時間があったことで、改めて歌への想い、歌詞に込めた想いとか、“歌うこと”を噛み締めることが出来たんです。やっぱり私、歌うことが好きだなって。いつからか、みんなのために歌うこと、みんなを楽しませることだけを考えて歌ってきたけど、背負う物が大きくなっていったことで、1番根本にあった想いが2番目になっちゃってたのかなって。

——原点に戻れたのかもしれないですね。

そうなんです。だから、活動を再開した最初のライヴで“あ、これだ!”って。こうじゃなくちゃいけないなって思えたんです。

——不本意な一時停止ではあったけれど、必要不可欠な時間になりましたね。11月29日にリリースされるシングル「ASH」のカップリングとして収録されている「ONLY≠LONELY」は、アコースティックなサウンド感と歌詞共に、“ずっと長くやっていける音楽”という“これからのLiSA”が目指す作品だと感じました。

そうですね。この曲は小南泰葉さんから“LiSAちゃんに似合う曲が出来た!”って連絡をもらって、聴いた瞬間に大好きになりました。この曲にどういう言葉を乗せようかなって考えたときに、“ツアーでみんなに伝えたい気持ちを歌いたいな”って思ったんです。でも、そういう歌詞はこれまでもたくさん書いてきたし、自分じゃない“自分の好きな言葉”でその気持ちを書いてもらいたいと思って、大先輩であるBIGMAMAの金井政人さんに歌詞をお願いしました。理解者でもあるし、本当に自分と同じ想いがそこにあった気がしましたね。

——表題曲の歌詞はシドのマオさんですね。

はい。表題曲も自分では書かず、シドのマオさんに作詞、明希さんに作曲をお願いしました。妖艶さであるとか、私が書くストレートな表現の歌詞ではない、女性的で詩的な表現を持つアーティストさんに書いてもらいたいなと思いました。アニメの主題歌として、“想いや願いを貫く覚悟”を感じるように、ドラマを付けながら歌ったんですが、シドさんのファンが、“マオさんの曲を女性が歌うとこうなるんだ!”っていう発見に繋がったり、聞くだけじゃなく歌うイメージが出来る歌にしたかったんです。

——カップリングの「罪人」はMY FIRST STORYのShoさんが作られた曲にLiSAさんが歌詞を書いているんですよね。歌詞は、かなり激しい愛の表現を感じました。

1 2 3 4次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。