ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アーティスト・LiSA インタビュー 『長続きの秘訣は、とくかく小さなことでも楽しさをみつけること』

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アーティスト・LiSA インタビュー 『長続きの秘訣は、とくかく小さなことでも楽しさをみつけること』 アーティスト・LiSA インタビュー_01 アーティスト・LiSA インタビュー_01

圧倒的な熱量を持つパフォーマンスと歌唱力が魅力のLiSA。バンドを続けるために始めたというアルバイトでの経験や、仕事観を伺いました。さらに、10月クールのアニメ『「Fate/Apocrypha」』のオープニングソングとしてもON AIR中の新曲「ASH」制作エピソードについてもお伺いしました。

 

“歌詞の意味”や“歌うこと”にあらためて向き合えた時間

アーティスト・LiSA インタビュー_03——2017年は、アリーナツアーに続き、9月から全国ホールツアーが行われたわけですが、これまでと何か変化を感じましたか?

はい。自身初のアリーナツアーという大きな経験を経て、ホールツアーに向かったんですけど、ツアー中盤の公演を体調不良のために延期してしまったんです。不本意ではあったんですけど、音楽に触れられない時間があったことで、改めて歌への想い、歌詞に込めた想いとか、“歌うこと”を噛み締めることが出来たんです。やっぱり私、歌うことが好きだなって。いつからか、みんなのために歌うこと、みんなを楽しませることだけを考えて歌ってきたけど、背負う物が大きくなっていったことで、1番根本にあった想いが2番目になっちゃってたのかなって。

——原点に戻れたのかもしれないですね。

そうなんです。だから、活動を再開した最初のライヴで“あ、これだ!”って。こうじゃなくちゃいけないなって思えたんです。

——不本意な一時停止ではあったけれど、必要不可欠な時間になりましたね。11月29日にリリースされるシングル「ASH」のカップリングとして収録されている「ONLY≠LONELY」は、アコースティックなサウンド感と歌詞共に、“ずっと長くやっていける音楽”という“これからのLiSA”が目指す作品だと感じました。

そうですね。この曲は小南泰葉さんから“LiSAちゃんに似合う曲が出来た!”って連絡をもらって、聴いた瞬間に大好きになりました。この曲にどういう言葉を乗せようかなって考えたときに、“ツアーでみんなに伝えたい気持ちを歌いたいな”って思ったんです。でも、そういう歌詞はこれまでもたくさん書いてきたし、自分じゃない“自分の好きな言葉”でその気持ちを書いてもらいたいと思って、大先輩であるBIGMAMAの金井政人さんに歌詞をお願いしました。理解者でもあるし、本当に自分と同じ想いがそこにあった気がしましたね。

——表題曲の歌詞はシドのマオさんですね。

はい。表題曲も自分では書かず、シドのマオさんに作詞、明希さんに作曲をお願いしました。妖艶さであるとか、私が書くストレートな表現の歌詞ではない、女性的で詩的な表現を持つアーティストさんに書いてもらいたいなと思いました。アニメの主題歌として、“想いや願いを貫く覚悟”を感じるように、ドラマを付けながら歌ったんですが、シドさんのファンが、“マオさんの曲を女性が歌うとこうなるんだ!”っていう発見に繋がったり、聞くだけじゃなく歌うイメージが出来る歌にしたかったんです。

——カップリングの「罪人」はMY FIRST STORYのShoさんが作られた曲にLiSAさんが歌詞を書いているんですよね。歌詞は、かなり激しい愛の表現を感じました。

改めて読み返すと、すごい歌詞書きましたよね、私(笑)。自分がカッコイイと思う音楽を作る人と一緒にやりたくて、Shoさんに楽曲をお願いしたんですけど、洋楽要素が強いと感じていたMY FIRST STORYの音楽とは少し異なる歌謡メロな1曲が上がってきたので、最初はすごく驚いたんです。でも、またそれがカッコ良くて。そこにカッコイイ歌詞や夢を語る歌詞を乗せるのはMY FIRST STORYがやることだなと思ったので、サウンドに導かれるままに自分の言葉で愛を書いたらこうなりました(笑)。なかなか口に出しては言えない心の中の言葉というか。歌い方も演歌的というか、感情、情念たっぷりに歌っているので、聴いてスカッとしてもらえたら嬉しいなと思います(笑)。

 

礼儀や常識、人間関係を学ばせてもらった居酒屋でのバイト

アーティスト・LiSA インタビュー_02——様々なコラボレーションから生まれた、新たなLiSAの表現が楽しめるシングルになりそうですね。そして、ここからは、バイト経験についてお聞きします。最初のバイトはどんな職種だったんですか?

居酒屋さんです。居酒屋さんを選んだのは、時給が良かったのと、そこは昼間は定食屋さんとしても営業していたので、学校がお休みの日には1日フルでバイトに入れるという利点があったので。

——バイトをしていた目的は何だったんですか?

バンドをするためのお金が欲しかったんです。当時はチケットのノルマも自分達で負担しながらバンドをやっていたので、とにかくお金がかかったんです。当時は、メンバーが高校の同級生でもあったので【学校、バンド、バイト】のループでしたね(笑)。

——バイトをする中で学んだことはありましたか?

たくさんあります。私は部活動に入っていなかったので、先輩というとバイト先やバンド活動を通して生まれる関係性だったんです。なので、バイト先でどうやって先輩たちに可愛がってもらえるかという人間関係とか、接客はどういうふうにすべきなのかという礼儀や常識的なものを学ばせてもらいました。家族から注意されて素直に聞けなかったことも、他人から言われるとなぜか素直に受け入れられたり。ちゃんとお仕事させてもらっているという自覚や、友達とは違う人間関係をつくれるようになったのも、バイトという経験を通してだった気がしています。あとは、商売が成り立つ仕組み的なものも学んだ場所でした。レジを通してお金を管理するところから、仕入れの金額と売り上げ金額とか、お金の流れを実際に見ることができた貴重な経験でした。

 

ジョッキの最高記録は12本!?

アーティスト・LiSA インタビュー_06——そこまで任せられていたんですね。

すごく長くやらせてもらってたんですよ。地元に居た頃は、ずっとそこでバイトさせてもらっていたので、6年間くらいやっていたかな。なので、いろいろと任せてもらえることも増えましたね。あんまり普段の生活においては役に立たないですけど、ビールジョッキを片手に6本ずつで、一気に12本持てるようになりました。すごくないですか(笑)?腕筋は結構鍛えられました!

学校を卒業してから上京するまでの3年間は、地元のライヴハウスでもバイトをしていました。自分達が出ていたライヴハウスのオーナーに声をかけてもらって、ライヴがタダで見れるし“ラッキー!”みたいな。私、ケーブルの巻き方すごく上手ですよ(笑)。あと、自分がライヴハウス側の立場を経験したこともあって、出演する側になっても相手の気持ちを知ることができるのは、すごくいい経験になったなと思っています。

——苦手なことはありましたか?

暇な時間がすっごく嫌でした。時間の経つのが遅くて遅くて。いろんな場所を拭ききって、もう拭くとこないから、もう一度メニューを拭くっていう(笑)。メニューを拭くという仕事はないんですけど、自分でその仕事を作って、なんかしらやってないと落ち着かなかったんですよね。ライヴハウスだと、そこは3階にあったんですけど、エレベーターがなかったので、搬入搬出の手伝いがめちゃめちゃ大変でした。女子だからって手加減ないですからね。逆に手加減されるのも嫌ですしね。そこはちゃんとお金頂いてやっていることなので、気合いで乗り切ってました(笑)。

 

ひっきりなしに働いたあとの、達成感と充実感は最高でした!

アーティスト・LiSA インタビュー_05——逆に好きだった作業は?

居酒屋さんで働いていて、めっちゃめちゃ忙しいときに、オーダーを取って、それをどんどん捌いていくのが好きでした。“めっちゃ忙しい!”って言いながら、ひっきりなしに動いて、お店が終ったときに、“ふぅ〜。よく頑張った!”って思う瞬間が、なんともいえなく好きでした。あの充実感と達成感は、何にもかえられない爽快感がありましたね。だから、金曜日が大好きでした!

——ちなみにドラックストアでバイトをしていたこともあるんですよね?

それは上京してからです。ドラックストアを選んだ理由は、シフトの融通がききやすかったんです。あくまでも歌をやるために上京してきたので、本来の目的を第一に考えていました。でも、東京って、自分の夢を持って上京してきた人が多いから、そこのドラックストアも、役者を目指している人がいたり、すごく勇気づけられましたね。生活のためにバイトをしていたんですけど、そこが夢や目的以上になって逆転してしまうなら、地元に帰った方がいいと思っていたから。とにかく、夢と目的を最優先に頑張っていました。

 

バイトは一人前になるキッカケを与えてもらえる場所

アーティスト・LiSA インタビュー_04——バイトを楽しむためのアドバイスはありますか?

その場でとにかく楽しめることを見つけることなんじゃないかな。苦痛なことは長くは続かないと思うんですよね。だから、小さなことでもいいので自分がちょっとでも楽しめることや、楽しめるきっかけを見つけることをオススメします。

——LiSAさんは楽しいことを見つける天才だと、自分でも公言していますからね。

そうなんです。人を楽しませるのも大好きなんですけど、まず、自分が楽しみたいんです! 私、自分を楽しませてあげるのも、天才なんだと思います(笑)。きっかけなんてなんでもいいと思うんですよ。バイト先で出来た友達とのお昼ご飯タイムが楽しみとか、お店にある洗剤の匂いが好きとか(笑)。

——バイト先で知り合った人と、友達になったりもしたんですか?

バイトを通して友達になった人達はいっぱいいます! ドラックストアでバイトしていた頃の友達とは、今もずっと仲良しなんです。1人で上京してきて、周りに友達も居なかったし、心細かった時代に友達になれたっていうのもすごく大きかったですね。

——バイトはお金を稼ぐだけの場所ではないと。

お金をもらって働くということを最初に覚える場所であり、一人前になるキッカケを与えてもらえる場所だと思うんですけど、バイトは、人と楽しく仕事をするということを教えてもらえる大切な場所だと思います。だから、みなさんにも、バイトを通して素敵な出逢いや経験を、いっぱいしてもらえたらなと思います!

 

🎁 LiSAさん 🎁

サイン入りチェキをプレゼント!! LiSAさんチェキ

🎁 プレゼント内容 🎁

記事公開を記念して、LiSAさんサイン入りチェキを、抽選で3名様へプレゼントします!「フロムエー」公式twitterをフォローのうえ、指定tweetをRTして、応募してください。

☑応募方法

1.「フロムエー」公式twitter (@fromafroma) をフォロー(既にフォローしている場合も対象です)

フロムエーtweetプレゼント

2. 指定tweet(下記参照)を、RT(リツイート)

フロムエーリツイート

🕒キャンペーン開催期間

2017年11月28日(火)〜2017年12月4日(月)23:59 まで

対象のツイートはコチラ

#LiSA さんに「Fate/#Apocrypha」のOP曲でもある新作「ASH」制作エピソードや仕事観を伺いました!

サイン入りチェキのプレゼントも😍https://t.co/0vyHeZObqE@LiSA_OLiVE #Fate #アポクリファ #フロムエーしよ

— フロムエー /バイト探しはフロムエー (@fromafroma) 2017年11月28日

※キャンペーンについてその他詳細はコチラをご確認ください。

 

  ◾Profile

LiSA(リサ)

’10 年春より放送された TV アニメ『Angel Beats!』の劇中バンド「Girls Dead Monster(通称:ガルデモ)」2 代目ボーカル・ユイ役の歌い手に抜擢され、ガルデモ名義でのシングル・アルバム累計40万枚以上をセールスし、人気を集める。

’11 年春にミニアルバム「Letters to U」にてソロデビュー。その後、TVアニメ「Fate/Zero」、「ソードアート・オンライン」、「魔法科高校の劣等生」など数々の人気作品の主題歌を担当し、国内のみならず世界中にてヒットを記録。

圧倒的な熱量を持つパフォーマンスと歌唱力と、ポジティブなメッセージを軸としたライヴで存在感を示している。

◆LiSA OFFICIAL SITE:http://www.lxixsxa.com/

◆LiSA Official Twitter:@LiSA_OLiVE

 

◾リリース情報◾

13th Single「ASH」11.29 Release!!

LiSA_ASH_JKT-syokai

初回生産限定盤(CD+DVD)

品番:VVCL-1130~1131

価格:1,600円(税抜)

LiSA_ASH_JKT-tsujo

通常盤(CD)

品番: VVCL-1132

価格:1,200円(税抜)

LiSA_ASH_JKT-kikan

期間生産限定盤(CD+DVD)

品番:VVCL-1133~1134

価格:1,600円(税抜)

*すべての詳細は、http://www.lxixsxa.com/

 

編集:ぽっくんワールド企画

撮影:青木早霞

取材・文:武市尚子

関連記事リンク(外部サイト)

【憧れシゴト図鑑】SKY-HIの魅力を引き出しシャッターを切る 新進気鋭のカメラマン・畑 聡さんインタビュー
俳優・松尾太陽さんインタビュー「仕事に正解はないから悩むことが今、楽しい」
俳優、AKIRAインタビュー「挫折は決して悪いものではない。成長過程の一環なのだから」

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。