体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この羊羹は、本当に伝えたいことへの入り口です

この羊羹は、本当に伝えたいことへの入り口です

「この羊羹は、ただの入り口です」

 全国の特産品をPRする会でこの商品に出会ったものだから、てっきり地元の食材をふんだんに使った…というような説明をされると思っていた。

 

 ところが、このピアノの鍵盤がデザインされた和菓子、「ジャズ羊羹」を作ったジャズとようかんの谷川さんは、本当に伝えたいことはその可愛らしさでも美味しさでもないという。それは旅と音楽の素晴らしさ。そして…。この羊羹は、本当に伝えたいことへの入り口です

思いが伝わるためには
心の余白が必要だと思ったんです

谷川:僕たちは“旅する音楽”という、旅と音楽をセットにしたイベントを主催しているんです。もともとあちこちでアーティストのコンサートを開いたりはしていたんですが、心がパンパンなお客さんが結構いるなぁと思って。この羊羹は、本当に伝えたいことへの入り口です

 

——心がパンパン?

 

谷川:うん。コンサートの開演直前、なんなら開演後も仕事してたり、全く違うことを考えていたりするんですよ。でも、音や言葉をいっぱい浴びるのには、心がほぐれてそこに隙間がある状態でないと、入ってきませんよね

それで十分楽しめないのはお互いにとって残念だし、勿体ないなぁと思ってて。だから、コンサートの前後に「余白」をとって欲しかったんです。その“余白”を持ってもらうのに一番いい方法を考えたら、そうだ! 旅先で開催するのはどうだろうって。

 

——それでコンサートの開催場所を少し不便な地域にして、イベントを旅とセットにするように。

 

谷川:そう。僕らの音楽イベントを言い訳に、旅に出て来てほしいんです。そしてコンサートの前にその町の周辺を散歩したり、お店に入ってみたりして心の柔軟体操をしておいてほしい。

 

——すると、より表現が入って来るようになるというわけですね。

 

谷川:そうです。それに旅先では、みんな普段いる場所よりも心がほぐれやすいでしょう?

絶対に、自分を受け入れて
くれる音楽がある

この羊羹は、本当に伝えたいことへの入り口です奇妙礼太郎

 ——旅する音楽は、どんな方々と活動を?

 

谷川:僕がよく一緒に活動しているアーティストの多くは現状、音楽を積極的に好きな人しか知り得ない存在だったりします。だけど、じゃあ彼らがその人たちしか幸せにできないかというとそんなことはない。

世の中は多数派ばかりではないこと、そのどれかに属していなければならないような気持ちになりがちだけど、そんなことはないということに気がつけるんです。

 

—— 彼らは、少数派を肯定してくれる存在なんですね。

 

谷川:そう。彼らの表現を日常に取り入れた方が幸せになる人が増えるって確信してるから、僕らはその出会いをお手伝いできればと思っているんです。

余白で感じることができる
もう一つのもの

この羊羹は、本当に伝えたいことへの入り口です山本 啓(Nabowa)
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。