体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BuzzFeed編集長 古田大輔さんに聞いた、エンジニアと作る新しいメディアのあり方とは?

今回のテーマは「エンジニアと作る新しいメディアのあり方」

前回の連載のテーマは“アクセシビリティ(情報を等しく伝えること)” 。フィルターバブルなど、私たちを取り巻く情報環境の新しい問題を取り上げました。

今回はBuzzFeed日本版創刊編集長古田大輔さんをゲストに迎え、現在メディアが直面している問題、メディアの意味、そしてメディアに貢献できるテクノロジーやエンジニアのあり方についてお聞きしました。

またメディア関係のハッカソンの話など、「技術には興味があるけれど、メディアはちょっと難しそうだな……」と思われているエンジニアの方にも、きっと新しい発見のある内容になっていると思います。

ナビゲーターは、哲学に詳しくないエンジニア代表・瀬尾浩二郎と、哲学に詳しいライター・田代伶奈が務めます。

▲左から、ナビゲーター田代伶奈、BuzzFeed Japan 創刊編集長 古田大輔さん(ゲスト)、ナビゲーター瀬尾浩二郎

記者に「無知の知」が必要な理由


前回の記事で「フィルターバブル」のお話がありましたよね。そこから「正しい意味のある情報に到達するためにはどうすべきか?」という問いが出ました。


そうでしたね。Web上ではフェイクニュースも正しいニュースも同じように流れてくるので情報に対する正しさの判断基準を持ちにくいですよね。古田さんはどう思われますか?


最初に考えないといけないのは「正しい意味のある情報とは何か?」ですよね。これを「自分にとって心地よい情報」と定義してしまうと大きな間違いになる。心地よいものが正しいとは限らないですから。

BuzzFeed Japan 創刊編集長 古田 大輔さん
朝日新聞社で社会部記者を経て、東南アジア特派員として現地の政治経済や社会を幅広く取材し、シンガポール支局長も務める。2013年の帰国後は、「朝日新聞デジタル」の編集者として、インフォグラフィックスや動画などを使ったコンテンツや、読者参加型のコンテンツ制作に携わった。また、朝日新聞社の新しいWeb媒体「withnews(ウィズニュース)」で新興メディアについて執筆するなどの経験と実績を経て、BuzzFeed Japan創刊編集長に就任。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会