体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛と狂気の世界へようこそ!フリゲRPG『AN EARTH』

image1

平和な街に忍び寄る影! 立ち上がれ少女たち!

とある地球に存在する平和な街「ビギンズ」、物語はここから始まる。

無口な主人公ドープェルと明朗すぎる少女プリス、二人は友人であるジョンが、ここ最近ずっと家に閉じこもっていることを疑問に感じていた。プリスは言った。

「きっとひとりでなにか楽しいことをしているのよ!」
「それか、死んでるか!」
「あー、わくわくしてきた!! 早く行こう!」

……友人、だと思う。たぶん。

ジョンの家までやって来た二人。ずっと放置されているらしいポストからは手紙が溢れている。人の生活している気配はしてこない。
凶暴そうな番犬をやり過ごし、ドアの前まで来るが、静かすぎる。やはり何かがおかしい。

二人が家の中へ入ると、はたしてそこにジョンはいた。しかし何やら様子が変だ。二人の姿を見るなり襲い掛かってきたのだ。致し方なく反撃を試みるが、攻撃を加えるとジョンの身体がどんどん崩れていくではないか……なんとジョンはロボットだったのだ!
 
image13
もうこいつはジョンじゃない! やるしかないんだ…!
 
戦いの末、ジョンを破壊した二人。

「ジョンがロボットだったなんて!!」

無残な姿に成り果てたかつての友人を前に、さすがに驚きを隠せないプリス。

平和な街を突如襲った奇怪な事件。森へ落下するUFOを目撃した住民もいる。
人知れず蠢く大きな陰謀の気配。この星で何かが起きているのは間違いない。
さあ、安穏とした日常に別れを告げる時が来た。
大切な場所を守るため。愛する者を守るため。

立ち上がれ、少女たち!
 
image21

地球の危機だ! 戦え! ポストで警察をぶん殴れ!

『AN EARTH』の世界では、普通は拾えないような物も拾えてしまう。例えばそれはポストであったり、消火栓であったり、犬のエサ皿であったり。「そんな物拾わないでくれ!」と思わずプレイヤーが突っ込んでしまう物まで様々だ。

拾った物は武器として装備したり、そのまま敵に投げて攻撃することが可能だ。なりふりなど構っていられない。地面からポストを引き抜いて振り回せ。そこらへんに落ちてるスコップを投げつけろ。放置してあるゴミ袋で思いっきりぶん殴れ。それがこのゲームでの戦い方であり、礼儀なのだ!
 
image3
image5
役に立たない警察を殴り倒して経験値を稼ごう!
 
また、拾える物は家へ入るなどしてマップを切り替えると復活するので、その気になればいくらでも入手することが出来る。そして拾った物は意外にも高く売れる。……ここまで言ってピンと来た方もいるだろう。そう、このゲームは開始直後から金などいくらでも稼げるのだ!

ちょっと小腹が空いたのでハンバーガー屋に立ち寄ったが手持ちがない、そんな時どうするか、簡単なことだ、そこらへんの柵をもぎ取って売ればいい。4つもあればハンバーガーが買えるだろう。消火栓なら2個、ポストなら1個で出来たて熱々のハンバーガーが食べられる。素晴らしい。これが本当の“ジャンク”フードか。
 
image20
開始10分ほどで「街中から拾い集めた物で生計を立ててる人」みたいになってしまっている。

襲い来る狂人たち! 何かに似てても気にするな!

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会