ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スターへの道を突き進む、ミレニアム・ニューセンセーション=SWMRSの米LA公演レポート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スターへの道を突き進む、ミレニアム・ニューセンセーション=SWMRSの米LA公演レポート

 今年の【サマー・ソニック】で初来日し、若さはじけるステージにパンクキッズだけでなく多くの観客の心を鷲掴みにした米カリフォルニア州オークランド出身の4人組パンク・バンド、SWMRS(スイマーズ)。2016年に発表したフル・アルバム『Drive North / ドライヴ・ノース』は、同じパンク畑の先輩バンドであるFIDLARのザック・カーパーがプロデュースしたことでも話題を呼んだ。そんな彼らの米ロサンゼルス公演のレポートをお届けする。

 10月下旬だというのにLAの気温が35度でうだるような暑さの夜。ハロウィンを間近に控えたこの日は満員の会場はパンクキッズ達で埋め尽くされていて、早くも「スイマーズ!スイマーズ!」コールが鳴り止まないすごい熱気だ。観客のパワーに押し出されるかのようにステージ袖からマッハのごとく走って登場したのは、真っ赤なドレスにバットマンのジョーカーのメイクをしたフロントマンのコールだった。続いてマックス、セブはベイビー・ドールの衣装、ジョーイはメキシカン・スカル・メイクで登場。

 「Palm Trees /パーム・ツリーズ」のマックスのギター・リフが始まった瞬間からモッシュとダイブの嵐。ハイ・エナジー・パンク・ロック・ショウの幕開けだ。マックスのギターソロに合わせ、コールが観客にコールを煽った。マックスがボーカルを取る「BRB」では、ジョーイがステージ前に出て来てビールを観客にかけ、空いたドラムセットをセブが乗っ取る。コールはマイクスタンドを観客に向けると、観客がマイクを掴んでボーカルをジャックした。

 「Miley / マイリー」ではアコースティック調の出だしから、コールがメンバー紹介をした後「みんなの美しい姿をこの会場に来てる両親に見せてあげてくれ!ジャンプ!ジャンプ!」と言うと観客は大合唱とともにジャンプし、会場を揺らした。

 ラストの「Drive North / ドライブ・ノース」ではサークル・モッシュが起こり、その渦はどんどん大きくなっていく。“I hate Los Angeles! (Hate L.A!)”の観客とのコール・アンド・レスポンスは言わずもがなバッチリ。コールはその後「ドライヴ・ノース!」を連呼し、観客へ思いっきりダイブ。そのまま観客にクラウド・サーフされたコールが「We love California! We Love L.A!」と連呼し、最後にもう1度「ドライヴ・ノース!」叫びジョーイがパワフルなドラムロールで終焉へと持っていった。演奏を終え観客に拍手とお礼をしながらステージ袖に戻っていったメンバーに観客の拍手喝采は鳴り止むどころか一向に止む気配がなかった。

 ライブを終えて、彼らのステージにただただ感動させられた。ジョーイの抜群のドラムセンス。子供の頃にギターを買ってもらい練習に明け暮れた彼は、その後ドラム・マシーンを手に入れ、パンクやロックだけでなくジャズやフュージョンの基礎もしっかり学んだそう。ルーディメンツとかもやっていたのか、彼のテクニックは年齢の割に大変高度なことができる。

 そしてジョーイだけが抜きん出ているのではなく、コールのボーカルとパフォーマンスはすでに大物ロックスターのようだし、優等生で学力も秀でていたにも関わらず大学を中退して音楽の道一本へ進んだ彼はバンドの核としての役目を担っている。彼の兄のマックスは、そのあどけないベイビーフェイスと華奢な体からは想像できないパワーギターで観客の心を(特に女子達)一瞬で掴んでしまう。

 そしてベースのセブ。彼のベーステクも爆音に埋もれないように勝つ重低音を損なわないようなプレイをしていて脱帽してしまう。そしてハリウッド・スターのようなルックスだ。ビッグスターの二世がいて、育ちもよく頭もよくてルックスも良い上に演奏も抜群に上手いバンドとあれば、将来を約束されたようなもの。しかしそれだけでなくメンバー全員がそれぞれのカリスマ性を持っている。去年彼らを見たときすごいスターが現れたと驚いたが、1年を経てさらにスターへの道を突き進んでるのだと確信した。

Photo & Text : ERINA UEMURA

◎【SWMRS @ The Fonda Theatre, Los Angeles】10月23日 セットリスト
1. Palm Trees
2. BRB
3. Harry Dean
4. Silver Bullet
5. Miss Yer Kiss
6. Uncool
7. Miley
8. D’You Have a Car?
9. Lose It
10. Turn Up
11. Figuring It Out
12. Ruining My Pretending
13. Drive North

◎リリース情報
『Drive North / ドライヴ・ノース』
SWMRS
2017/08/02 RELEASE
1,980円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

フェニックス、2018年4月にジャパン・ツアー決定
シカゴの新星ジャミーラ・ウッズ、意外な選曲のマッシュアップをライブで披露
映像作家ヴィンセント・ムーンの来日決定、テニスコーツ/YoshimiO/青葉市子ら出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。