ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドライブもクルージングも楽しめる!水陸両用バスに乗ってきた【東京・お台場】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ドライブもクルージングも楽しめる!水陸両用バスに乗ってきた【東京・お台場】 TOKYO NO KABA

都内のお出かけスポットお台場に、新しいアクティビティがやってきた! その名も「TOKYO NO KABA」。ドライブとクルージングがいっぺんに楽しめる水陸両用バスなんです。

なんとなく名前は知っているけど、実際に乗ったことのない水陸両用車。まさか、東京で乗れるなんて!

早速、じゃらん編集部が試乗体験に行ってきましたーー!

これが「TOKYO NO KABA」だ!

TOKYO NO KABA

ゆりかもめ「台場駅」から徒歩1分。アクアシティお台場1階北側バス乗り場にある発着場所で待っていると、ドドンと大きな車両が入ってきました。

これが一台で陸と海を走行できる「TOKYO NO KABA」。名前の由来はもちろん、動物のカバ。 水中陸上の両方で生活していることもそうですが、古代エジプトでは水の神と呼ばれていたことから、この水陸両用バスにも「東京のカバ」と命名されたそうです。

へさきのフォルムでしゃくれ顎のカバさんを想像してしまい、かわいいが止まりません!TOKYO NO KABAバスガイドの制服もかわいい!

普通のバスとは異なり、タラップから乗車します。

TOKYO NO KABA

ステップの幅が少し広いので、子供と一緒に乗るときはゆっくりと気を付けながら上りましょう。

それでは、お台場ドライブ&クルージングに行ってきまーーす!

新発見がありすぎる! お台場ドライブ

TOKYO NO KABA

発着場所を出ると、まずは約25分のお台場ドライブ。

陸も海も一人で運転できるキャプテンと副キャプテン、おしゃべり上手なバスガイドの三人と楽しいツアーへ出発進行!

ヴィーナスフォートやシースルーのゴンドラで有名な大観覧車を通り、お台場の街をぐるりと一周するコースです。

お台場

道中、バスガイドが名所の解説したりクイズを出してくれるので、お台場に何度か足を運んだことがある人でも新鮮な気持ちでドライブを楽しむことができます。

TOKYO NO KABA

途中、ダイバーシティ東京プラザにあるラウンドワンあたりを通るときに、バス内でやけに臨場感のあるボーリングの音が聞こえてきました。

TOKYO NO KABA

実は「TOKYO NO KABA」には、水陸両用バスとしては世界初である「高品質3Dサウンド演出」が取り入れられているんです! これは、前方二つのスピーカーだけで前後左右に音を飛ばせるスグレモノ。立体的で生きた音を聞くことができました。

頭上を頻繁に飛行機が飛んでいる場所では、キイィーンというエンジン音での演出があるなど、目だけではなく耳でも場所を想起できるような3Dサウンドを楽しめます。

とにかく、この臨場感は乗ってみないと分からない! 伝えきれなくてごめんなさい。だけど本当に感動した!!

いよいよ進水……!

お台場の名所を巡るドライブのあとは、いよいよクルージングへ。

新設されたというスロープに到着すると、運転手のキャプテンがしっかりと安全確認をして進水準備に取り掛かります。

水陸両用バスの醍醐味といえば、もちろん陸から海に飛び込む瞬間。点検の間にカメラの準備をしておきましょう!

さあ、行きますよ……

TOKYO NO KABATOKYO NO KABAバシャーーン!

この瞬間は車内のテンションも最高潮。バスガイドに合わせて乗客もカウントダウン。掛け声とともに勢いよく海へと飛び込みました!

意外と速いスピードでダイブするので、大きな水しぶきにビックリ。一瞬ではあるものの、まるでジェットコースターに乗っているような感覚を楽しむことができました。

進水後はシートベルトを外してゆったりクルージング。

レインボーブリッジ

レインボーブリッジをくぐり、穏やかな東京湾を進みます。

フジテレビ

砲台跡や昔ドラマで話題になった海のキリン(ガントリークレーン)、フジテレビのハチタマなどを海上から眺めることができます。

TOKYO NO KABA

窓はジッパーで開閉できるので、心地よい潮風を感じながらのクルージングでした。透明の天井は採光バツグンなので、晴れの日はポカポカ陽気が気持ち良いです。

そうそう、冬の防寒ですが車内は暖房が効いていたので上着いらずでした。このためだけに何か特別に持ってくる必要はなさそうです。

揺れるので船酔いする人は薬を飲むのがベターかも。

TOKYO NO KABA

約20分の優雅な航走を終えると、進水場所と同じスロープから陸上へ。そのままアクアシティお台場に向かい、「TOKYO NO KABA」のドライブ&クルージングは終わります。

もう一回海へダイブしたかったな…また乗ろう……。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

めったに乗る機会のない水陸両用車が、東京で観光バスとして乗れるなんて!

バスガイドの解説で新しい発見があるお台場ドライブと東京湾のゆったりクルージング、そしてあの勢いよく水しぶきが上がる瞬間。どれを切り取っても最高な時間でした。

みなさんもぜひ、お台場の新アクティビティを体験してみてください! TOKYO NO KABA

TEL/03-3455-2211

発着場所/アクアシティお台場1階北側バス乗り場

住所/〒135-0091 東京都港区台場1丁目7-1

アクセス/

「アクアシティお台場」まで

電車:ゆりかもめ台場駅より徒歩1分

りんかい線東京テレポート駅より徒歩6分

車:レインボーブリッジから 首都高速11号台場線「台場出口」から約3分

横浜・羽田方面から 高速湾岸線「臨海副都心出口」から約1分

千葉・葛西方面から 高速湾岸線「有明出口」から約5分

運行回数/1日7便(水曜運休)

乗車時間/約45分

料金/

大人3500円

小人1700円

乳幼児500円

※この記事は2017年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

驚き、感動が止まらない!この冬おすすめの「素敵すぎる温泉」12選【東北】
クリスマス、カウントダウン、初日の出…2017-2018年末年始イベント【東海】
「淡路島3年とらふぐ」×温泉宿で贅沢ふぐ旅!淡路島の宿6選【兵庫】ふぐグルメ情報も!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。