体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドライブもクルージングも楽しめる!水陸両用バスに乗ってきた【東京・お台場】

ドライブもクルージングも楽しめる!水陸両用バスに乗ってきた【東京・お台場】 TOKYO NO KABA

都内のお出かけスポットお台場に、新しいアクティビティがやってきた! その名も「TOKYO NO KABA」。ドライブとクルージングがいっぺんに楽しめる水陸両用バスなんです。

なんとなく名前は知っているけど、実際に乗ったことのない水陸両用車。まさか、東京で乗れるなんて!

早速、じゃらん編集部が試乗体験に行ってきましたーー!

これが「TOKYO NO KABA」だ!

TOKYO NO KABA

ゆりかもめ「台場駅」から徒歩1分。アクアシティお台場1階北側バス乗り場にある発着場所で待っていると、ドドンと大きな車両が入ってきました。

これが一台で陸と海を走行できる「TOKYO NO KABA」。名前の由来はもちろん、動物のカバ。 水中陸上の両方で生活していることもそうですが、古代エジプトでは水の神と呼ばれていたことから、この水陸両用バスにも「東京のカバ」と命名されたそうです。

へさきのフォルムでしゃくれ顎のカバさんを想像してしまい、かわいいが止まりません!TOKYO NO KABAバスガイドの制服もかわいい!

普通のバスとは異なり、タラップから乗車します。

TOKYO NO KABA

ステップの幅が少し広いので、子供と一緒に乗るときはゆっくりと気を付けながら上りましょう。

それでは、お台場ドライブ&クルージングに行ってきまーーす!

新発見がありすぎる! お台場ドライブ

TOKYO NO KABA

発着場所を出ると、まずは約25分のお台場ドライブ。

陸も海も一人で運転できるキャプテンと副キャプテン、おしゃべり上手なバスガイドの三人と楽しいツアーへ出発進行!

ヴィーナスフォートやシースルーのゴンドラで有名な大観覧車を通り、お台場の街をぐるりと一周するコースです。

お台場

道中、バスガイドが名所の解説したりクイズを出してくれるので、お台場に何度か足を運んだことがある人でも新鮮な気持ちでドライブを楽しむことができます。

TOKYO NO KABA

途中、ダイバーシティ東京プラザにあるラウンドワンあたりを通るときに、バス内でやけに臨場感のあるボーリングの音が聞こえてきました。

TOKYO NO KABA
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会