ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジェイ・Z、ドレイクのトラックでラップを披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ジェイ・Z、ドレイクのトラックでラップを披露

 2017年11月24日にカナダ・トロントで公演を行なったジェイ・Zが、地元出身のドレイクの「ノウ・ユアセルフ」のトラックに乗せてラップを披露した。

DJ Akademiks?による投稿

 HotNewHipHopによると、ジェイ・Zは自身の「Jigga, What, Jigga Who」のヴァースを、シームレスなフロウでBoi-1da、Vinylz、Syk Senseがプロデュースしたトラックに重ねた。彼とドレイクは「Pound Cake/Paris Morton Music 2」(2013年)、「ライト・アップ」(2010年)、「オフ・ザット」(2009年)などでコラボしたことがある。

 ジェイ・Zはまた、『4:44』から「レガシー」、「スマイル」、「マーシー・ミー」のミュージック・ビデオを先日TIDALで公開している。

◎DJ Akademiks‏による投稿
https://twitter.com/IamAkademiks/status/934014723804270598

関連記事リンク(外部サイト)

ジェイ・Z、ミーク・ミルの判決についてライブでも言及
ビヨンセ&ジェイ・Z、ハロウィンにビギー&リル・キムの仮装
ビヨンセ、夫ジェイ・Zとのコラボ曲のリリース15周年を祝う

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。