ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フェニックス、2018年4月にジャパン・ツアー決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フェニックス、2018年4月にジャパン・ツアー決定

 世界中を虜にするフレンチ・ロックの最高峰、フェニックスによる単独ジャパン・ツアーが2018年4月に決定した。

 パリ近郊ヴェルサイユで幼馴染として育った4人で結成されたロック・バンド、フェニックス。もともと、同じくヴェルサイユで学生時代を過ごしたデュオ、エールのバック・バンドを務めるため結成したバンドだったが、1996年にローラン・ブランコウィッツが加入し現在の4人メンバーが揃ったところで、フェニックスと名乗り正式に活動を開始。

 1999年にシングルを数枚リリースして注目を集めると、翌年2000年デビュー・アルバム『ユナイテッド』を発表。ロックやソウルをエレクトロニクスと絶妙に融合させたその洗練されたポップ・サウンドが話題となり、スマッシュ・ヒットを記録、エールやダフト・パンクと並び新世代パリ・シーンを代表するバンドとして、その名を世界的なものとする。2004年には2ndアルバム『アルファベティカル』を、2006年に3rdアルバム『イッツ・ネヴァー・ビーン・ライク・ザット』を発表、06年には【SUMMER SONIC ’06】への出演、そして2007年には初の単独来日公演を大成功に収め、ここ日本でも熱烈なファンを獲得していく。/p>

 2009年、4作目となる『ウルフガング・アマデウス・フェニックス』を発表。バンドが共同プロデューサーを迎えて制作した初の作品であると同時に、自らのレーベル<Loyaute>からの初リリースとなった今作で世界的にさらに大きな人気を博すこととなり、【第52回グラミー賞】では<最優秀オルタナティヴ・ロック・アルバム>を受賞、1991年に同賞が設立された以来、初のフレンチ・アーティストによる受賞となり、大きな話題を呼んだ。翌年には【SUMMER SONIC ’09】に出演(メンバーの体調不良により、大阪公演は残念ながらキャンセルに)、そして2010年には2度目のヘッドライン・ツアーを行う。

 2013年春、待望の最新作『バンクラプト!』を発表。全米チャート4位を獲得し、その洗練されたポップ・センスで世界中のファンを魅了した。そして、今年2017年、4年ぶりとなる新作『ティ・アーモ』と共に再び【SUMMER SONIC】へ出演した彼らの待望のジャパン・ツアーは、4月23日~24日に東京・Toyosu Pit、4月26日に大阪・Zepp Osaka Baysideにて行われる。

◎公演情報
【PHOENIX JAPAN TOUR 2018】
東京 2018年4月23日(月) Toyosu Pit
東京 2018年4月24日(火) Toyosu Pit
OPEN 18:00 / START 19:00 サポートアクト有
チケット:オールスタンディング 7,000円(税込/別途1ドリンク)

大阪 4月26日(木) Zepp Osaka Bayside
OPEN 18:00 / START 19:00 サポートアクト有
チケット:スタンディング 7,000円、指定席 7,500円(税込/別途1ドリンク)

一般プレイガイド発売日:12月16日(土)
INFO:Creativeman http://www.creativeman.co.jp

関連記事リンク(外部サイト)

フェニックス、最新作から「J-Boy」を公開&トラックリストが明らかに
フェニックス、ニュー・アルバム『Ti Amo』を6/9にリリース
マイリーやジェニー・ルイス出演!ソフィア・コッポラ監督『ビル・マーレイ・クリスマス』からビルxジョージ・クルーニーのデュエット映像が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。