体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妖艶な香り!黒トリュフもつ鍋も気になる、もつ吉の『冬の黒トリュフフェア』

予約の取りづらいもつ鍋店の「もつ吉」その7店舗目の姉妹店舗となる新業態「認定生肉取扱店 肉割烹 もつ吉」にて、2017年11月23日(木)~2018年2月28日(水)にかけて『冬の黒トリュフフェア』を開催中。

冬の味覚といえば「蟹」や「牡蠣」を思いつきますが、実は忘れてはならないのが世界三大珍味の1つでもある「黒トリュフ」。黒トリュフの旬は、11月頃~3月頃までといわれており、フレッシュな黒トリュフ特有の ”鼻を突く、妖艶な香り” は、様々な料理の味をグッと引き立ててくれるのです。

好きなトリュフコラボ料理はどれ?もつ吉の『冬の黒トリュフフェア』
今回、もつ吉渋谷店では『冬の黒トリュフフェア』と題して、フレッシュ黒トリュフが解禁となる約3か月の間、生肉×黒トリュフ、もつ鍋×黒トリュフ、牛タン×黒トリュフ・・・などなど、様々な ”コラボ黒トリュフ料理” を楽しめます。なんとも贅沢!

さらにトリュフが好きな方のための贅沢トッピング「増しトリュフ1680円」を注文すると、フレッシュ黒トリュフ丸1個分(約30g)をすりおろして、目の前の1皿を文字通り ”トリュフまみれ” にすることもできるとか。

黒トリュフメニューは次の5種類。

(1)和食屋のローストビーフ 黒トリュフ & 卵黄トッピング・・・1350円

好きなトリュフコラボ料理はどれ?もつ吉の『冬の黒トリュフフェア』
 最高級A5和牛雌の赤身肉を低温調理した後、京丹後の坂町醤油、赤ワイン、和三盆をベースにした漬けダレの中で24時間熟成させる新食感ローストビーフ。数十通りもの「加熱温度帯」×「熟成時間」×「塩分濃度」の組み合わせの中から導き出された独自の調理方法によって、ホロホロと口の中でほどけてゆくような食感を表現。スライスした黒トリュフを、ローストビーフで包んでお召し上がりください。口の中でパリッと音を立てるフレッシュ黒トリュフ×卵黄の組み合わせが、ローストビーフに濃密なコクと甘み、妖艶な香りを与えてくれます。
 

(2)黒トリュフと和牛のタルタル・・・1600円

好きなトリュフコラボ料理はどれ?もつ吉の『冬の黒トリュフフェア』
タルタル(タルタルステーキ)とは、生の牛肉を粗いみじん切りにし、オリーブオイル、食塩、コショウで味付けし、薬味や卵黄を添えたフレンチを起源とする肉料理のこと。
もつ吉渋谷店では、渋谷区保健所より「認定生食用食肉取扱者等設置施設」許可を取得して提供する和牛生肉のたたきの中に、隠し味として、細かく刻んだ「京しば漬け」を練り込んだ、オリジナルのタルタルをご提供。京しば漬けのコリコリとした食感、酸味が他にはないアクセントとなっています。付属のバケットでディップしてお召し上がり下さい。
 

(3)黒トリュフ大根・・・850円

好きなトリュフコラボ料理はどれ?もつ吉の『冬の黒トリュフフェア』
筒切りにして和風出汁で炊いた大根を、バターでソテーして、上から黒トリュフソース、黒トリュフスライスを盛り付けた、和洋折衷な1皿。世にも珍しい ”洋風・風呂吹き大根” 。一度は食べる価値アリ。

(4)牛タン黒トリュフ煮込み・・・1800円

好きなトリュフコラボ料理はどれ?もつ吉の『冬の黒トリュフフェア』
 和風出汁で12時間じっくりと煮込んで下味をつけた後、京都坂長醤油、赤ワイン、フォンドボー、そして大量の黒トリュフと合わせて再度煮込む事で、味を閉じ込めました。 舌で押しつぶせるほど柔らかな牛タンの食感を、黒トリュフの濃密な香りと共にお楽しみ下さい。付け合せのマッシュポテトとの相性も抜群の一皿。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会