ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新潟にある幻の洋梨「ル レクチエ」がトロトロ甘い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新潟にある幻の洋梨「ル レクチエ」がトロトロ甘い

2017年11月22日。ついに解禁した。

この時期に「解禁」と聞くと、どうしてもボージョレ・ヌーボーを連想してしまうけど、旬のものはそれだけではない。

フランス生まれ、新潟育ち。
幻の西洋梨は、今しか食べられない。

西洋ナシの貴婦人
「ル レクチエ」

新潟にある幻の洋梨「ル レクチエ」がトロトロ甘い

「こ、これは…ライバル出現だ…」。

まろやかな食感と、広がる香り。ぼくの地元宮崎の完熟マンゴーを初めて食べたときの衝撃を思い出した。

「ル レクチエ」は、国内シェアの約80%が新潟県で生産されている洋梨だ。日本で最も多く生産されている西洋梨「ラ・フランス」と比べると圧倒的に食感がなめらかで、甘みがある。香りが強いのも特徴的だ。梨というより「桃に近い」が正直な感想。そのままデザートとして食べてもいいし、生ハムやクリーム系のパスタとも抜群の相性になる。

 

そんな「ル レクチエ」が日本にやってきたのは、約110年前のこと。新潟県の果樹農家が苗木を取り寄せ、栽培が始まったと言われている。すでにフランスでは栽培が途絶えてしまっていて、新潟県が長い年月をかけて試行錯誤を重ねた結果、日本では安定した生産が可能になったという。新潟にある幻の洋梨「ル レクチエ」がトロトロ甘い

40日間の「追熟」

「幻」と呼ばれる理由は、まだまだ出荷量が少ないことに加え、だいたい11月下旬〜12月下旬までの1ヶ月間しか流通しない、という希少性の高さもある。

また樹上では完熟せず、収穫後に熟すのを待つ「追熟」が必要なのだ。10月中旬から始まる収穫のあと、さらに40日間もかけて完熟にする。この過程をしっかり経て品質の高さを保つために、新潟県は自主的に「解禁日」を定めている。東京で買うとだいたい1つ400円ほど(平均的なラ・フランスの2倍)と、高級果実であることに変わりはない。

 

予想以上に甘くてトロトロだったので、完熟マンゴーの地位が脅かされるかもしれないとヒヤヒヤしたけれど、旬な季節はうまい具合にズレている。これなら問題はない。

地元宮崎びいきのぼくとしては、夏はマンゴー、冬はル レクチエ、でぜひ推していきたい。新潟にある幻の洋梨「ル レクチエ」がトロトロ甘いLicensed material used with permission by 新潟県

関連記事リンク(外部サイト)

雪景色に佇む「ガラス張り」の施設が話題に(新潟)
新潟の笹団子、進化する先に目指すのはまさかの2020
新潟で「シャッター商店街」について考えさせられた話。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。