体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鶏肉の最高峰「名古屋コーチン」がお値打ちに食べられる超穴場店を発見!【究極TKG&親子丼】

f:id:Meshi2_IB:20171026150033j:plain

鶏肉の最高峰、名古屋コーチン。

名古屋市内には、コーチンを使った鍋をはじめ、串焼きや唐揚げ、親子丼などが楽しめる専門店があるが、かなりハードルが高い。

鍋や刺身、焼き物、、揚げ物など、ひと通りの料理が食べられるコースを注文した日にゃぁ、1万円オーバーを覚悟せねばならない。そのため、地元で暮らしていても、未だ名古屋コーチンを食べたことのない人も多いと思う。

激安の300円モーニング

そんななか、名古屋コーチンがお値打ちに食べられるお店を見つけた。お店は、名古屋市天白区にある名古屋市農業センター、愛称「dela(でら)ふぁーむ」内にある。

ここは農業振興を目的に昭和40年に開設され、農業や畜産技術の研究、指導を行ってきた。入場は無料で、敷地内には牛や羊などの放牧場や10種類以上のニワトリを展示する鶏舎などを見学できる。

また、700本の枝下れ梅の梅林があり、見頃となる2月から3月には多くの人が訪れる。

f:id:Meshi2_IB:20171026150047j:plain

正門を入って、すぐ右側の売店・レストラン棟に入ると、お店がある。

その名も「名古屋コーチン食堂」。名前の通り、名古屋コーチンを使ったメニューがウリなのだ。

f:id:Meshi2_IB:20171026150115j:plain

「ここは20年前に名古屋農業センターの喫茶店としてオープンしました。センターは名古屋コーチンのひなの生産拠点でもあるので、コーチンを使ったメニューは出してはいたんです。が、もっと名古屋コーチンをPRしようと、3年前に店名を変えました」

そう話すのは、お店を運営する公益財団常人名古屋市みどりの協会の杉浦久直さん。

f:id:Meshi2_IB:20171026150132j:plain

まず、目の前に運ばれてきたのが、トーストとゆで卵、デザート、コーヒーのセット。これは、名古屋の喫茶店ではおなじみのモーニングか!? っていうか、どこに名古屋コーチンが使われているのか!?

「11時までコーヒーなどのドリンクにサービスとして付けています。実はゆで卵に名古屋コーチンの卵を使っています。ちなみにモーニングコーヒーの値段は350円です」(杉浦さん)

ええっ! 300円!?

ちまたの喫茶店ではコーヒーがだいたい400円~450円。この値段はまさしく昭和(笑)。しかも、コーチンのゆで卵付きである。

お得としか言いようがない。

480円で究極のTKGが

名古屋コーチンの卵を使ったメニューは、ほかにも玉子サラダをサンドした「名古屋コーチン玉子サンド」(450円)がある。

f:id:Meshi2_IB:20171026150157j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy