体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

五ツ星お米マイスター厳選! 男女別・学生にオススメのお米銘柄

五ツ星お米マイスター厳選! 男女別・学生にオススメのお米銘柄 アイキャッチ_学生にオススメのお米銘柄 学生にオススメのお米銘柄_01

青春ラブ米マンガ『あきたこまちにひとめぼれ』の作者・吉谷光平さんが、9月26日にツイッターの掲載した「お米の分布図」が、2万7000リツイートを越える反響を呼んでいます。

お米を選ぶときの参考にどうぞ🌾 pic.twitter.com/OXJZUN0pRb

— 吉谷光平 🌾9月28日単行本🌾 (@kakikurage) 2017年9月26日

これだけお米の種類があることに驚かされますよね。しかし、好みのお米を見つけるために、すべてを食べ比べるのは大変。そこで、『あきたこまちにひとめぼれ』の監修者で「お米の分布図」の制作者でもある、米穀店スズノブ代表・西島豊造さんに、学生さんにオススメの銘柄を男女別に聞きました。

 

【男子向け】甘みが強くて食べ応えのある“もっちり”系銘柄

 

西島さん曰く、お米はコストパフォーマンス的に学生に向いている主食なのだそう。

「お米って5kg、10kgとまとめて買うので、高いイメージがあると思います。でも、1食分は大体10kgの1/100。あきたこまちが10kgで4000~5000円程度なので、1食だと40~50円なんです。パンや麺類を買う方が、食費がかさむ可能性が高いですね」(西島さん・以下同)

では、ここからが本題。西島さんが改訂した最新版「お米の分布図」を元に、まずは男子学生にオススメの銘柄を教えてもらいました。学生にオススメのお米銘柄_02上にいけばいくほど食べ応えがあり、1杯食べれば満足できる銘柄。下部の銘柄は、起き抜けでもさらっと食べられる軽さが特徴

「さまざまな年代、性別の方に食べ比べてもらった結果、男性は分布図の上半分を好む傾向があります。特に若い男性はあまり噛まずに飲み込むので、粘り感や甘みが強く、食べ応えがあるお米が合うと思いますよ」

学生にオススメのお米銘柄_03 ●新之助

今年デビューの新銘柄。これまでの表現では食感が表せない新感覚のお米。粒が大きくツヤがあり、お米離れが進んでいる若者のハートもつかみそう。ハンバーグやカレー、から揚げなど、子どもが好きな料理との相性バツグン。少し硬めに炊くと、オムライスにもぴったり。冷えてもおいしいため、おにぎりやお弁当にも向いている銘柄。

●いちほまれ

“ポストコシヒカリ”として開発された、平成30年デビューの新銘柄。粒感がありながら硬すぎず、でもベタつかない。お米自体の個性は強くないため、和洋中すべての料理にマッチ。牛丼や天丼、天津飯など丼物との相性もよく、甘みもあるため、麻婆豆腐など味の濃い料理とも合います。男子学生の定番料理・卵かけごはんとの相性も◎。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。