ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

つわりに不正出血、逆子…。妊娠周期ごとにさまざまなトラブルに見舞われ…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170812082856j:plain

妊娠中はいつもインターネットで妊娠周期ごとの記事や、週数ごとの母体の変化や赤ちゃんの様子の記事を見ていました。

その都度、自分の様子とネットの話を比べては一喜一憂していたのを覚えています。

第1子の妊娠初期症状は、風邪をひいたような熱っぽさと異常なだるさと眠たさがありました。

頭がフラつく感じもありましたが、初期だけでなく産後まで続いたんです。結果的には貧血で、薬で治しました。赤ちゃんに血液を吸い取られているのでしょうね。

つわりの時は、よく喉が渇いて、仕事中に何度も水分を取っていました。

今思うと食欲不振もありました。胃がムカムカして気持ち悪く、脂っぽい物を食べるとオエッとなるので、うどんなどサッパリしたものばかり食べていました。 関連記事:出産するまで続いた胸焼け、息苦しさ。どんな体勢にしても眠れなかった

職場の人に「最近あまり食べないね。妊娠したんじゃないの?」と言われて、初めて妊娠に気づいたのも、今ではいい思い出です。

生理が遅れているなとは思っていましたが、生理不順なので気にしていませんでした。検査薬をしたのは3ヶ月入ってからでした。

妊娠中期は安定期に入り、仕事場の人達にも報告をし、仕事の調整をしてもらえるようお願いしました。

安定期に入るまでに言うか入ってから言うか、凄く悩みました。急に倒れても周りに迷惑がかかるので、身近な人にだけ知らせていました。

当時は立ち仕事だったので、仕事終盤になるとお腹が張ってきて毎日「何かあったらどうしよう…」と怖かったです。

26週を過ぎた頃に家に帰ると少量の出血があり、驚いて急いで病院へ。

「子宮口からの出血ね、原因不明でよくある事だから気にしないで」と先生に言われましたが、「そうは言われても気になる!!!」と言いたいところ。ですが、ここは我慢し、心の中で止めました。

妊娠後期に入り、寝転んでいるとお腹にギュルンと強い痛みがありました。

28週目の健診で「逆子になってるね〜。逆子体操しといてね」と言われびっくり。

あの痛みは、子供が回転する痛みだったのでしょうか?ともかく、逆子体操をその日から実行しました。するとまたギュルンとすぐ治ったのでとても嬉しかったものの、34週目でまた逆子に。

「さすがにまずいかなぁ、治るのかな」と思いながら、先生には「来週治ってなかったら帝王切開の予定も一応入れよっか」と言われ、ビビり屋の私は必死になって逆子体操をしました。

健診前日にまたギュルンと痛みがあり、健診当日には無事に戻っていました。 関連記事:何をしても治らなかった逆子。帝王切開決定直後ギリギリで回転した!

このように、第1子の妊娠中は周期ごとにさまざまなトラブルがありましたが、どれも大事にも至らず、幸いなことに無事出産を迎える事が出来ました。

f:id:akasuguope01:20170729163834j:plain

著者:み_1

年齢:33歳

子どもの年齢:0歳、3歳、5歳

育休中の3児のママです。普段は医療事務の仕事をしています。一番下が産まれてからは毎日バタバタして時間との戦いです。上の子たちが男の子で、毎日泥棒に入られたような部屋になってしまって、片付けに苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

長いつわりも「腹帯」のおかげで乗り切れた!産後は布おむつとしてリサイクル
「つわりも乗り越えられる!」そう思っていたのに、いざ来たら四六時中「気持ち悪い」
「うっ!」ドラマのように急に吐き気が込みあげる。はっきりわかったつわりのピーク

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。