体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロレアル パリの新提案”ノーシャンプー”にノンシリコンタイプが登場!『エクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォンクレンジングクリームボタニカル』

 

シャンプーを泡立てて洗い、髪が傷むのなら、シャンプーしなければいいじゃない? とばかりにロレアル パリが提唱したのは”ノーシャンプー”。え、でも、汚れは!? それはクレンジングで落としますとのこと。泡なしボタニカル クレンジングクリームで時短とともに始める新習慣。ノンシリコンの『エクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォンクレンジングクリームボタニカル』でさらに潤う髪へ!

一本でクレンジング、トリートメント、コンディショナーの三役をこなす時短極まるボタニカルヘアケア!

髪が長ければ長いほど、面倒になっていくのがシャンプー&コンディショナー/トリートメント。バスタイムが近づくと憂鬱になるくらい面倒くさいと思っている人も少なくないはず。そこでロレアル パリが提案したのが、”ノーシャンプー”という提案。全てを一本にまとめることで、時間も手間も節約するということだ。

これだけ長い名前も珍しい…。

 

今回はそんなノーシャンプーシリーズの中から、ボタニカル素材を使用したノンシリコン・オールインワン、ロレアル パリ『エクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォンクレンジングクリームボタニカル』(440g・希望小売価格 税抜1,400円・発売中)を紹介する。

もちろんこれは、髪の毛の汚れを落とさないということではない。ある意味、化粧落としと同じ感覚で、汚れをクレンジングでオフするという考え方だ。それもフランス由来のラベンダーとオレンジピールからできたボタニカルオイル配合のクレンジングクリームで、皮脂やホコリなどの汚れを落としていく。したがってシャンプーはしないけれど洗髪料であり、洗い流すヘアトリートメントである。


では実際に使いながら、使用感をレポートしていこう。

使用するのは、髪を濡らした後のシャンプータイミング。濃厚こっくりの『エクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォン クレンジングクリーム ボタニカル』を手に取り、髪につけていく。通常のシャンプーは泡立てることによって髪同士の摩擦が起こり、ダメージの元になるという。なのでこのクリームは泡立たない。髪をパックしていくようにまず毛先からつけて髪になじませていく。そして頭頂部にも塗布し、地肌を中心にマッサージするように洗っていく。思うよりは多めにつけたほうが指通りがスムーズだ。


何より驚くのはその香りの広がり。フルーティーかつフローラル、ハーバルなフレグランスレベルの香りがバスルームいっぱいに広がる。何とも贅沢な気分。ベルガモット、カモミール、ムスクなど複雑な香りのオーケストラ状態で、リラックスできる。頭皮をマッサージをするように使用していると清涼感が湧き上がる。このメントール感が気持ちいい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。