ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビットコインをリスクなしで無料で入手する方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビットコインをリスクなしで無料で入手する方法

ビットコインをリスクなしで無料で入手する方法を紹介しましょう。ビットコインを所持するには、仮想財布(ウォレット)が必要。ソフト(PC・スマホ)・専用ハードウエア・Webなどのタイプがあります。ここでは、日本国内で最もビットコインの取引量が多い取引所「bitFlyer」で口座を開設します。

ビットコインの口座開設の流れ

まずは、ビットコインの口座開設の流れを見ていきましょう。まずはbitFlyerの公式サイトにアクセスし、アカウントを作成。アカウントは「メールアドレス」「Facebookアカウント」「Yahoo! ID」「GoogleID」から選択可能です。

選択したアカウントのメールボックスに仮パスワードが送られてきます。利用規約やプライバシーポリシーを確認し、「bitFlyerをはじめる」をクリック。ログインしたら、「まずは取引時確認の入力からはじめる」をクリックします。

個人情報を入力し「登録情報を確認する」→「ご本人情報を登録する」→「続けてご本人確認資料を提出する」を選択。運転免許書やパスポートなど、身分証の画像ファイルをアップします。

続いて「取引目的」「銀行口座情報」を入力。bitFlyerから郵送される転送不要書留郵便物を受け取れば、口座の開設は完了です。なお、取引所へのハッキング攻撃から資金を守るために、「二段階認証の設定」は必ず行っておきましょう。

ビットコインを無料で入手する

ビットコインは値動きが激しいため、いざ自分のお金で購入するとなると気が引けるもの。ならば、まずはビットコインを無料で入手しましょう。ポイントサイト「moppy」では、貯めたポイントをビットコインに交換することが可能です。

ポイントの貯め方としては、moppy経由で資料請求やアンケートの回答、クレジットカード発行などをすればOK。つまり実質、無料でビットコインをゲットできるのです。

bitFlyerに口座を開設したら、続いてmoppyのモバイルサイト(PCは不可)から会員登録を行います。あとはmoppy内のポイントを貯めてビットコインに換金。1ポイント1円換算で、ビットコインには500ポイントから交換可能です。

このほか、bitFlyerでは「おトクにBitcoinをもらおう!」というキャンペーンを実施中。クレジットカードの発行やサービスへの加入などで、その見返りとしてビットコインを受け取ることも可能です。

関連記事リンク(外部サイト)

Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
写真から位置情報や住所を手に入れる方法!!
違法ダウンロードで逮捕されないための基礎知識
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。