ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「本物の凱旋門や!」 矢井田瞳が語る「パリ愛」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「本物の凱旋門や!」 矢井田瞳が語る「パリ愛」
J-WAVEで放送中の番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。11月25日(土)は、スペシャル企画として「パリの魅力と楽しみ方」について、「パリ通」の5人にお話を放送しました。

「花の都」「芸術の都」とも言われるパリ。アート、音楽、食、演劇、文学、ファッション…イメージは沢山ありますよね。葉加瀬にとってのパリのイメージは「セーヌ川の流れ」、そして「石の香り」だそうです。

まず、シンガーソングライターの矢井田瞳さんに「パリの思い出」について伺いました。

大学1回生の時に、語学留学で1カ月ほどパリを訪れた矢井田さんは、「映画『アメリ』に象徴されるような、パリは全てがオシャレで心がウキウキするものが沢山あるイメージでした。初めて訪れたときは、『うわ〜、本物の凱旋門や〜、絵はがきでしか見たことない!』と、感動することばかりでしたね。私はフランス語の響きが大好きだったので、生のフランス語に触れられたこともうれしかったです」と、当時を振り返りました。

その後も、矢井田さんはレコーディングでロンドンを訪れる際に、時間を見つけてはパリに行っていたとのこと。そんな矢井田さんのオススメは、駅構内で売られているカヌレだそうで、「小さくて、少しお酒の味もして、めちゃくちゃ美味しいんですよ!」と絶賛していました。

続いて、フリージャーナリストでエッセイストの雨宮塔子さんに「パリのパン屋」について伺いました。

以前、パリに住んでいた雨宮さんは、「『Du Pain et Des Idées(デュ・パン・エ・デジデ)』というパン屋さんがとってもオススメなんです。ここのシェフは元々服飾関係の仕事をしていた方なんですけど、突然、パン作りに目覚めてお店を開いたそうなんです。とっても繊細で、丁寧にパンを作っているんですよ」と、お気に入りのパン屋を紹介してくれました。

沢山のパンが並ぶ店内。その中でも雨宮さんは「『ピエノワズリ』という甘いパンや、パリではあまり見かけない総菜パンもオススメ」とお話しいただきました。

番組では他にも、東京海洋大学名誉博士のさかなクンさん、作家の平野啓一郎さん、ミュージシャンの野宮真貴さんに「パリの魅力と楽しみ方」を伺いました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ANA WORLD AIR CURRENT」
放送日時:毎週土曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。