体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ツァンパの贈り物

生活・趣味
tsampa 002.jpg

 前回の記事では、新年の祝いに麦が登場する様子や、主食である麦こがし(ツァンパ)を紹介しました。では、それはチベットの宗教生活の中でどのような役割を果たしていたのでしょうか。

 昨年、新年の頃にカトマンズでシェルパ族の友人の結婚式に出たのですが、そこでは新郎の親族から新婦の親族一同への贈り物としてツァンパを練って作ったケーキが振る舞われていました。写真のように新婦のお父さんのもとに最も大きなケーキが捧げられます。愛しい娘を嫁がせる淋しさを慮って、敬意と感謝を込めて贈られるのです。このケーキは、麦焦がしを、三つの甘いもの(黒糖・砂糖・蜂蜜)と三つ白いもの(牛乳・バター・ヨーグルト)で出来た甘露を混ぜてよく練って固めただけのものです。食感はふわっとしてはいないのですが、甘味の中で麦の香ばしさが引き立っていて、とても美味しいのです。

 別のときに、山寺にお参りしたときに開かれた儀式の中の山の神の供養のところで、果物やお菓子、お酒などと一緒に、これと同じ形をしたケーキが捧げられているのにも出会いました。自然からもたらされた収穫物を儀礼的な贈答品にしたり自然神への返礼として捧げる習慣が今に伝えられているのです。このケーキは、密教寺院の儀礼の中で見られるような様々な形や色とりどりのバターの縁飾りなどの様式が発達する以前の御供物(トルマ)の原型だと言えるでしょう。

 またチベットには、古くからツァンパの団子を厄払いに用いる習慣もあります。これはセンとかチャンブーなどと呼ばれるものです。よく練ったツァンパの団子を細長く伸ばして、手のひらでぎゅっと握りしめて自らに染みついた病気などの災厄を込めます。それを野生の鳥や動物たち、そして目に見えない餓鬼たちに食べさせて、お祓いとしていたのです。これは、チベット人が普段ツァンパを練って団子を作るときに、ツァンパを少しつかって手の汚れをとって、そのかすを丸めておいたものを犬に食わせるような、ごくごく自然に行われている生活習慣と地続きのように見えます。手に付いた汚れだけではなく、心身に染み付いた見えない災厄をも吸い取ってくれるという感覚があったようです。

古代チベットでは、麦の耕作技術が伝わる以前の狩猟採集や牧畜を主な生業としていたため、しとめた獲物や家畜を自然への返礼として捧げる供犠が盛んに行われていました。そこに仏教が入ってきた時の様子が伝承として伝えられています。八世紀に仏教を国教として篤く保護したティソンデツェン王は、サムイェ寺を建立するためにインドから大学僧シャーンタラクシタと密教僧グル・パドマサンバヴァを招ました。仏教では生き物に対する慈悲心に基づいて殺生を固く禁じていますから、仏教の導入を好ましく思わない大臣家の者たちが土着の神々に血の生け贄を捧げる儀式を執り行うのを目にして、インドの僧たちは深く嘆き悲しんだといいます。現在ではごくごく少数の僻地の村での調査からしか、供犠が行われているという報告はあがっていないのですが、19世紀頃に東チベットで書かれた説話集にも、村の民間の宗教儀礼で行なわれる供犠の習慣を戒める表現が度々出てくることからも、供犠の習慣の存在は、チベットにおける現実的な社会問題として近代に至るまで議論の俎上に登っていたことが伺われます。

1 2次のページ
佐藤剛裕の記事一覧をみる

記者:

佐藤剛裕:彼岸寺

ウェブサイト: http://www.higan.net/himalaya/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会