ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

PrizmaX、FlowBackと作り上げたツーマンイベントでガチンコ勝負!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

PrizmaXが11月26日、原宿クエストホールにて『PrizmaX advance with FlowBack』を開催した。『PrizmaX advance』はPrizmaXがホストになり、ゲストを1組迎え行なうツーマンライヴイベント。5月27日にWHITE JAMを迎えた第1回目を大盛況に終え、第2回目となる今回は新進気鋭の5人組ダンス&ヴォーカルグループのFlowBackがゲスト。両者とも圧巻のパフォーマンスで観る者を魅了し、白熱のバトルにも発展した本公演の第一部の模様をレポートする。
11月26日(日)@原宿クエストホール (okmusic UP's)

まずはゲストのFlowBackがステージに。JUDAIの“『PrizmaX advance』、盛り上がる準備できてますか!?”を合図に「WE ARE!」「FAMOUS」を響かせ、早速入れ替わるようにPrizmaXが登場すると再度歓声に包まれる。FlowBackからのバトンを継ぐように「my girl」では軽やかな手拍子で一体感を生み出し、「I believe」では力強いヴォーカルとパフォーマンスでぐいぐいと引っ張っていく。ホリック(PrizmaXファンの愛称)とFBF(FlowBackファンの愛称)に楽曲やパフォーマンスで両者の個性を魅せつつ、会場の空気をつなぐように交互に進行。続くFlowBackはクールな「BREAKOUT」、大人な表情で魅了する「Showstoppaz」、切ないミディアムチューン「ByeBye」を連続して披露し、MASAHARU、TATSUKI、MARK、REIJIの4人の個性があふれるヴォーカルをJUDAIのラップが彩るFlowBackの魅力をアピール。ここでさらなる深みに引き込んでいったのはPrizmaX。静けさの中に熱さを感じさせる「Someday」をしっとりとパフォーマンスしたあと、EDMチューン「OUR ZONE」でボルテージを上げ、「Three Things」で幸福感に包み込む。

続いて「HUG&KISS」のイントロが流れる中、なんとPrizmaXの「Lonely summer days」の衣装を着たFlowBackが登場! FlowBackがPrizmaXの「HUG&KISS」をカバーするという嬉しいサプライズに客席からは悲鳴に近い歓声が。ハッピーな空気を受け継ぎ、ここまでのFlowBackとはまた違ったパフォーマンスを観せた。対して、PrizmaXはFlowBackの「BOOYAH!」の衣装で同曲をカバー。5人全員がマイクを持ち、島田翼がラップ、福本有希が伸びやかな歌声を披露したのも特筆すべき点だろう。両者のリスペクトも示したカバーの披露でヒートアップさせたあとは、FlowBackが「Heartbreaker」「Let’s Get Together」でグルーブに乗せ士気を高めた。PrizmaXが再びバトンを受けステージに登場すると、「Woh!」「カフェオレ」のエンターテインメントなパフォーマンスで、2組で1時間にわたってつないだライヴコーナーが終了。

そして、『PrizmaX advance』恒例の対決コーナーへ。“秋の大運動会”と題し、運動着に着替え、頭にはちまきをまいた2組が登場。まずはイス取りゲームでFlowBackが快勝し、2回戦は大玉転がし。PrizmaXに赤い大玉、FlowBackに白い大玉がそれぞれ用意され、メンバーがステージから客席に投げ込んだ大玉を観客が客席後方まで送り、折り返してステージに先に戻ってきたチームが勝ちというルールだ。両者妨害に遭いながらも、PrizmaXが勝利! 勝敗を決める最終決戦の騎馬戦では、PrizmaXはティム、FlowBackはREIJIを騎手とし、一度REIJIがティムの帽子を落としてしまい再戦に。白熱の勝負の結果、ティムが華麗にREIJIの帽子を取り、PrizmaXが見事勝利! 敗者となったFlowBackのメンバーの顔にPrizmaXはそれぞれ猫のようなヒゲを書いたり、中でもウィンはMARKの左頬に“うんち”と書くなど、個性にあふれた落書きに大爆笑が起きた。

最後はそのまま2組でステージに並び、この日のホストであるPrizmaXの大樹が作詞作曲したイベントソング「Good bye」を披露。おだやかなバラードソングだが、ラップパートでは大樹とJUDAIがラッパー同士、お互いのグループを鼓舞するような即興のフロウで沸かせたのも印象的だった。最後は全員で深々とお辞儀をし、記念撮影で締め括り、第1回のツーマン対決とはまた違う、2組でリレーのようにつないでいった熱狂の第2回が終了。次回対決をするのはどんなアーティストなのか!? 次の開催も期待して待ってほしい。

Photo by Shigeo Kosaka
セットリスト
1.WE ARE!(FlowBack)

2.FAMOUS(FlowBack)

3.my girl(PrizmaX)

4.I believe(PrizmaX)

5.BREAKOUT(FlowBack)

6.Showstoppaz(FlowBack)

7.ByeBye(FlowBack)

8.Someday(PrizmaX)

9.OUR ZONE(PrizmaX)

10.Three Things(PrizmaX)

11.HUG&KISS(FlowBack/PrizmaXカバー)

12.BOOYAH!(PrizmaX/FlowBackカバー)

13.Heartbreaker(FlowBack)

14.Let’s Get Together(FlowBack)

15.Woh!(PrizmaX)

16.カフェオレ(PrizmaX)

 【バトルコーナー】

 1回戦:イス取りゲーム

 2回戦:大玉転がし

 3回戦:騎馬戦

 〜FlowBack 罰ゲーム〜

17.Good bye(PrizmaX&FlowBack)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。